家を安い価格や坪単価で購入する方法

ベトナム人介護職外国人技能実習生が日本に来る訳や理由

ベトナムハノイの日常生活

ベトナム人など介護職外国人技能実習生が日本に来日する訳や理由についてこのページでは説明します。

ベトナム人が日本に来て仕事をする訳や理由はいろいろあるのですが、主に、父や母の両親や弟や妹等の家族の生活費や学費を仕送りするためとか。

 

 

家族に大きな家をプレゼントしたいとか。

日本でお金を貯めてベトナムで病院を作るとか。

ベトナムハノイ

日本語を利用してベトナムで活躍する等などの具体的な理由や訳があるようです。

ベトナム人介護職外国人技能実習生が日本に来る訳や理由は

日本とベトナムの物価の差は5倍くらいあるので、日本で稼いだ2万円をベトナムの物価に換算すると10万円になります。

日本から3万円毎月ベトナムに送金すると15万円の価値がありますので、ベトナムで暮らす家族の生活が楽になります。

その他、日本に技能実習生で就職して、日本語レベルを向上させることでベトナムに帰国後の人生が大幅に輝いたものになります。

具体的に説明すると日本に入国前のベトナムでの月給が22歳で1.7万円の人が3年間技能実習生で働き、日本語能力N3で帰国した場合、その後の月給が3.5万円になります。

この場合、その後の40年間の生涯賃金の差は日本円で864万円です。

ベトナムの物価に直すと、4320万円です。

ベトナムハノイの日常生活

これがN2の場合、ベトナムでの月給が6万円になります。

その後の40年間の生涯賃金の差は日本円で2064万円です。

ベトナムの物価に直すと10320万円(1億320万円)です。

さらにN1の場合、ベトナムでの月給が8万円になります。

その後の40年間の生涯賃金の差は日本円で3024万円です。

これをベトナムの物価に直すと15120万円(1億5120万円)です。

日本語能力のN1、N2の有無によって生涯賃金が天と地ほどに

このように、日本語能力のN1、N2の有無によって一生に稼げる生涯賃金が天と地ほどに変わってきます。

そして社会的地位も高くなり、社長や役員や部長などの幹部として活躍できる可能性が高まります。

私がインドネシアにEPAの看護師候補者の採用をしに行った時に利用した通訳の代金は日本円で8万円でした。

 

 

当時のインドネシアの物価は日本の10分の1くらいだったので、この人1日で80万円も稼いでいるのかと驚いたことがあります。

このようにベトナムから介護職種外国人技能実習生で日本に働きに来る方は、自分の人生をかけていますので、必死でいろいろなことを吸収するつもりでいます。

日本で稼ぐお金だけでなく、ベトナムで自分が成功する明確なビジョンを持って来日していますので、豊かでハングリー精神に乏しい日本人が見習うべき点がたくさんあります。

よって、そういう意味でもベトナム人介護職種外国人技能実習生を採用するメリットがありますので、ぜひ積極的に利用して欲しいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA