家を安い価格や坪単価で購入する方法

ローコスト住宅値引き値下げ交渉 安い価格や坪単価で購入する方法

おしゃれなレオハウスの家

ローコスト住宅を更に安い価格や坪単価で購入する方法があることを知っていますか?

その方法はいたって簡単で、すでに安いローコスト住宅の価格や坪単価を値下げ値切り交渉をするのです。

ローコスト住宅を更に安い価格や坪単価で購入する方法

たったそれだけと思われるかもしれませんが、目的である坪単価や価格の値下げを実現するのは非常にハードルが高いものなのです。

レオハウスのキッチン

なぜ、そんなにハードルが高く難しいのかと言うと、ローコスト住宅メーカーでマイホームを購入する常識で、ローコスト住宅メーカーは値引きしないと言われているからです。

各ローコスト住宅メーカーの掲示板の口コミ評価評判を見ても、坪単価や価格の交渉には応じてくれないと記載されている文章をよく見かけます。

しかしながら、その掲示板の口コミ評価評判は、ローコスト住宅メーカーとの値引き値下げ値切り交渉が失敗した方の意見なので、その意見を見てそうなんだ。

ローコスト住宅メーカーは価格や坪単価の値引きや値下げをしてくれないんだ。

じゃあ、本気で交渉しても無駄だなと思った方は、定価でみんなと同じ価格や坪単価でローコスト住宅を購入する羽目になります。

ローコスト住宅の価格や坪単価を下げる交渉は難しい

(ローコスト住宅の価格や坪単価を下げる交渉は非常に難しいので、はっきり言って成功事例が少ないです。

よって、なかなか値引き値引き値下げ交渉が成功したと言う意見を見かけることがないのですが、一部の交渉上手の方は、ローコスト住宅メーカーからきっちりお得な自分にメリットがある条件を引き出しています。)

それでも十分安いので、価格や坪単価を値引き値下げしてくれないと思うことがダメだとは言いませんが、更に安く購入するチャンスがあるのに、そのチャンスを生かさないのは損だいう事です。

ですので、皆さんが満足した金額で購入できるように、どのように交渉すればローコスト住宅をできる限り安い価格や坪単価で購入できるかその方法を紹介します。

営業担当者は日々駆け引きをしているので丸腰では勝てない

まず、なんらかの交渉手段、つまり武器も持たずに、安くしてよ、値引きしてよとローコスト住宅メーカーに訴えても、100%値引きはしてくれません。

ローコスト住宅メーカーは、すでに企業努力で安い価格や坪単価を実現していますので無理ですと言われておしまいです。

ローコスト住宅

ですので、何がしかの交渉手段や武器を持たなければなりません。

(ローコスト住宅メーカーの営業担当者は日々、ちょっとでも安い価格や坪単価で購入したいと考えている人と駆け引きをしているので素人が丸腰で勝てるわけありません。)

他社の安い見積書を持って値引き値下げ値切り交渉をする

では、どのような交渉手段や武器を持てばいいのかと言えば、他のローコスト住宅メーカーや低価格工務店や建築会社等から同じ条件で見積書をもらい、その坪単価や価格が安ければその見積書を武器に値引き値下げ値切り交渉をすればいいのです。

 

マイホームを安く購入する為の武器

 

例えば、デザインや担当者を気に入りA社で購入したいと思ったとします。

しかし、A社の坪単価は40万円で、50坪の家を建てた場合、総額で2000万円となります。

安くしてもらえる手段や武器を持って交渉する

B社は、デザインや担当者はそれほど気に入っていないのですが、坪単価が37万円で、50坪の家を建てた場合、総額で1850万円です。

その差150万円です。

このB社の見積書を武器に自分が本気で購入したいと考えているA社と値引き値下げ交渉をします。

交渉トークはこのような感じになります。

購入するローコスト住宅メーカーを迷っている事を伝える

現在、A社でマイホームを購入するか、B社でマイホームを購入するか迷っている。

正直な話、出来るだけ価格や坪単価が安い方がいいと考えているので、B社にしようかなと思っている。

しかし、デザインやセンスや担当者などについては、A社の方が好きである。

なんとか、A社で自宅を購入したいのだが、総額が高いのがネックである。

予算オーバーである。

もし万が一、B社と同じ坪単価や価格になるのであれば、即決でA社に決めようと思っている。

逆に、坪単価や価格等総額がB社と同額に下がらないのであれば、B社に決めようと思う。

総額の値引きや値下げできないんですかね?

と訴えます。



※心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくり は各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。

ちょっと総額を値引き値下げしても売れれば業者は儲かる

そう訴えられると、A社はB社に契約を取られたら、儲けは0円です。

しかし、値引き値下げに応じてA社で購入してくれたら、A社に利益が発生します。

レオハウス住宅 玄関

担当者のノルマの達成にもつながります。

少々値引き値下げ交渉に応じても、結局自社で購入してくれたら利益が出る限り、お客様の要望にそえるように努力してくれます。

それと、何も値引き値下げ値切り交渉で得られるものは、マイホームの総額の引き下げだけではありません。

オプション工事や家電製品をサービスしてと交渉

例えば、ローコスト住宅メーカーのポイントをつけてくれて、そのポイントをカーテンや家電製品のオプション工事に使えたり、そのまま、カーテンや家電製品をプレゼントしてくれることもあります。

ローコスト住宅メーカーの場合は、金銭的な値引きや値下げをしてくれないことも多いので、そのように言われた場合は、じゃあ、金銭的な値引き値下げが出来ないのであれば、カーテンや家電製品のサービスをしてくださいと交渉しましょう。

そのように交渉したら比較的簡単に交渉に応じてくれます。

交渉は契約寸前の絶妙なタイミングが大切

それと、ローコスト住宅の値引き値下げ値切り交渉はタイミングが大切です。

全く購入する素振りのない段階で交渉しても、冷やかしかなと思われて、相手にしてくれません。

逆に、契約をすると伝えたあとに値引き値下げ値切り交渉しても、すでにほぼ釣った魚ですので、上司に確認したのですが無理ですと言われて終わりです。

ある程度交渉を煮詰めて、契約寸前の絶妙なタイミングで、価格や坪単価などの総額の値引きをしてくれたら契約をするという形で交渉するのが非常に効果的です。

できる限りサービスを引き出してローコスト住宅を購入

担当者も契約が欲しいので、全力で上司と交渉して、お得なサービスを引き出してくれます。

私としては、値引き値下げ値引き交渉をして、出来るだけ安い坪単価や価格等の総額でローコスト住宅を購入するほうがお得だと思っていますので、私の意見に共感された方は、是非、交渉して出来るだけ安い価格でマイホームを手に入れましょう。

 

マイホームを安く購入する為の武器

マイホームを出来る限り安い価格や坪単価で購入する為に無料で利用できるサービスです。

 

例え交渉が失敗しても、ローコスト住宅メーカーの定価で購入するだけなので、全く損はしません。

逆に、交渉しなかったら相手から価格や値段や坪単価を下げてくれることは100%ありませんので、ダメでもともとの軽い気持ちで、値引き値下げ値引き交渉をしてみましょう。

ローコスト住宅の値引き値下げ交渉を成功させるアイテム

最後に、ローコスト住宅の坪単価や価格などの総額の値引き値下げ交渉を成功させるアイテムについて紹介します。

このページで説明した通り、値引き値下げ交渉を成功させるために他社の見積書が必要です。

タウンライフの家つくりでは、全国600社以上の住宅メーカーからお客様が希望する条件を満たした会社の見積書を一括で請求することが出来ます。

このサービスは当然、無料で利用できます。

さらに希望の間取りプランや資金計画まで取得することが出来ます。

このタウンライフの家つくりのサービスを利用して、比較検討出来る資料を無料で手に入れることによって、本命のローコスト住宅メーカーの坪単価や価格などの総額を値引き値下げする交渉を成功させる可能性が高まるので、出来るだけ安い価格でマイホームを手に入れたい人はぜひこのサービスを利用しましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA