家を安い価格や坪単価で購入する方法

徳島県の穴吹川 ふれあい広場 天神の瀬 二又の瀬 白人の瀬

徳島県穴吹川二又の瀬

先日、徳島県美馬市の穴吹川に遊びに行ってきました。

穴吹川は四国の中でも有数のきれいな川で清流と言われています。

 

 

夏になると県外(大阪や兵庫県の関西方面)からもたくさんの川泳ぎや遊び目当ての人でごった返します。

徳島県穴吹川の案内図

この穴吹川にはトイレや駐車場などがあり、設備の整った場所が4箇所あります。

その全てを順番に紹介します。

徳島県美馬市の穴吹川ふれあい広場と天神の瀬

まず、一ヶ所目が穴吹川一番の下流の、吉野川に合流する手前のふれあい広場になります。

ふれあい広場

徳島県美馬市穴吹町穴吹市ノ下105

駐車スペースはたくさん

トイレあり

 

徳島県美馬市穴吹町穴吹市ノ下105

 

ここは川幅も紹介するなかで一番広く、河川敷で駐車するスペースも一番広く川の水深も浅いので、穴吹川の泳ぎや遊びが出来るなかで一番安全で便利な広い場所になります。

穴吹川ふれあい広場駐車場

よって、家族連れや友達グループやカップルなど多くの人で賑わっています。

川の水深は浅かったですが、十分泳ぐことも出来ます。

美馬市穴吹川ふれあい広場

それに川幅が広く水深も浅いので、小さい子供でもある程度安全に遊ぶことが出来ます。

 

 

(しかし、川遊びは流される危険がつきものですので、小さい子供は必ずウォータージャケットなど流されても命を守り安全を確保できる準備をしておきましょう。

穴吹川ふれあい広場

毎年のように川で流されて命を落としたというニュースを見るのでそんな不幸なことが起こらないように。)

次に穴吹川の天神の瀬ですが、ここは先程のふれあい広場よりも川幅が狭くなっていますので、ふれあい広場よりは水深が深くなっています。

しかし、それほどの深みはないので、こちらも小さい子供でもある程度安心して遊ぶことが出来ます。

徳島県穴吹川天神の瀬

橋の上からも写真を撮影しましたが、本当に川の水がきれいです。

橋の上からでも川底が見えるのでかなりの透明度です。

美馬市穴吹川天神の瀬

この天神の瀬も駐車場がたくさんあり、トイレも完備なので夏になると多くの人で賑わいます。

天神の瀬

徳島県美馬市穴吹町口山仕出原175−1

駐車場50台(有料1日520円ぐらい)

トイレあり

 

徳島県美馬市穴吹町口山仕出原175−1

 

飛び込んだりする場所は見た限りありませんでした。

徳島県美馬市の穴吹川二又の瀬と白人の瀬

次に二又の瀬ですが、ここが一番面白そうでした。

徳島県穴吹川二又の瀬

駐車場とトイレも完備です。

かなりの高さの岩から飛び込める場所もあり、多くの人が楽しそうに飛び込んでいました。

美馬市穴吹川二又の瀬

二又の瀬

徳島県美馬市穴吹町口山丸山1

駐車場60台

トイレあり

 

徳島県美馬市穴吹町口山丸山1

 

(怖い人は低い場所から飛び込むことが出来ます。)

川の水深も深いところも浅いところもあり、幅広い世代や年代の人が楽しめます。

川幅もそれなりに広く河川敷になっているエリアや部分も広く、大勢の人が来ても窮屈することなく遊べます。

川の流れも川幅が狭くなって急に早くなるような危ない場所もこの日はありませんでした。

穴吹川二又の瀬

駐車場もこの川のすぐそばだけでなくその他にも有料の駐車場がたくさんあります。

たた、お盆などの人が多く集まる時期は、朝早くから満車になることもあるようですので、早めに現地に到着できた方が安心できます。

その他、バーベキューが出来るお店やブルーヴィラあなぶきという温泉や宿泊や食事ができる施設などもありますので、川で遊んだあと冷えた体を温めて帰ることが出来ます。

そして、最後が白人の瀬になります。

ここも駐車場とトイレが完備されています。

ただ、駐車場が狭いので、満車を覚悟しておいた方が良いでしょう。

白人の瀬

徳島県美馬市穴吹町口山字宮内2

駐車場6台

トイレあり

 

徳島県美馬市穴吹町口山字宮内2

 

川幅はこれまでのエリアに比べて狭いところがあり、流れが早い所もあります。

小さい子供は流される危険が高くなるので、必ずライフジャケットの着用が必要です。

徳島県穴吹川白人の瀬

小学校6年生の我が家の次男も川の流れがきつく向こう岸までいけない場所がありました。

(私が手をつないで渡らせようとしたのですが、無理に行くと二人とも流されて死んでしまう可能性があるなと感じましたので、無理は禁物です。

川遊びでは絶対に無理はしないでください。)

体重76キロの毎日一時間空手用に鍛えている私も気を抜いたら流されてしまいそうな流れが早いところがありましたので、大人も十分に気を付けてください。

(流れが早すぎてそもそも向こう岸に渡れない部分もありました。)

水深はかなり深い部分もあり、179㎝の私でも足がつかない部分がありました。

美馬市穴吹川二又の瀬

水は本当にきれいで魚もたくさん泳いでいました。

アユなどの魚が釣れるのか釣り人もたくさんいました。

この日は持っていくのを忘れてしまって失敗したのですが(本当にきれいな川だったので後悔です)、本当に魚がたくさんいるので川の中の動画を取ることが出来る完全防水のアクションカメラを持っていくとその感動を動画で自宅に持ち帰ることが出来ます。

また、来年穴吹川に来て、その時は必ず川の中の動画をとってアップします。

 

 

二又の瀬のように高いところから安全に飛び込める所は見当たりませんでしたが、2ヶ所飛び込めそうな所を見つけて飛び込んで見ました。

一ヶ所目は流れがきつい場所に向けて飛び込むのでかなり覚悟を決めて飛び込みました。

そして、思った通りでかなり流れが早く流されてしまいました。

体力などに自信がない人は絶対にやらない方が良いです。

 

 

(私は海で素潜りをしたり、銛で魚を突いたりするような遊びをしているので、体力にも泳ぎにも自信がありますが、それでも危険だと感じましたので。)

2ヶ所目は足場が非常に悪いところです。

何回か飛び込んだのですが最後に足を滑らせてしまい足の親指を痛めてしまいました。

あまり、飛び込みをおすすめはできません。

もしやる場合も怪我をしては元も子もありませんので、慎重に行動してください。

以上が穴吹川の紹介です。

徳島県の四国随一の清流を安全に楽しんでください。

私の一番のおすすめは穴吹川の天神の瀬になります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA