家を安い価格や坪単価で購入する方法

レオハウスのオプション外構工事見積もり価格や費用

レオハウスでの外構工事

インターネット等でレオハウスのオプション工事をした方の評価を見ると、標準工事価格はローコスト低価格住宅メーカーなので安いがレオハウスのオプション工事は、ローコスト低価格住宅メーカーにもかかわらず高いので、オプション商品や工事を利用すると他の高価格なパナホームや三井ホームや大和ハウス等住宅メーカーに依頼するのと変わらないぐらい高くつくと、言い切っているコメントを目にします。

レオハウスの坪単価と見積もり価格や総額と費用のページで、実際に私が建てたレオハウスの家の価格等について紹介しています。)

事前にそのような恐ろしいコメントを見ていたので、私自身レオハウスのオプション工事を利用せずに、なるべく安くローコストで低価格に仕上がるように考えなければならないと思っていました。

 

 

しかし、実際にレオハウスの現場監督等と現場で打ち合わせしていく中で、快適に生活するためにどうしても必要だと思うオプション工事がそれなりに必要になってきたので、一生に一度きりしか建てられない家やマイホームに対して、少々お金が余分にかかるという理由で妥協したほうが後悔すると考え直しましたので、見積書を出してもらいながら、追加のオプション工事を発注していくことにしました。

レオハウスのオプションクロスやスイッチやライトの価格オプションカーテン工事の見積り価格や費用レオハウス標準外工事オプション費用の見積価格については、リンク先のページで紹介しています。)

レオハウスのオプション商品や工事は低価格でローコスト

レオハウスから提出されたオプション商品や工事等に関する見積書や請求書を見て、私が判断した限りにおいて、価格を吹っかけた高額な金額でオプション工事を提供しているのではなく、ある程度お買い得な低価格ローコストで提供しているように感じました。

この点については、他の業者から相見積もりを取ったわけではありませんので、正確なところはわかりませんが。

ただ、外構工事については他の業者と比較しやすかったので、西村ジョイやナフコ等のホームセンターに見積もりを依頼して比較してみましたが、結局同じような価格でそんなに差はありませんでした。

レオハウスの外構工事

同じ価格であれば、レオハウス以外に頼むと建物を引き渡した後でしか工事が出来ないデメリットがありましたので、引渡し前に工事が出来るメリットがあるレオハウスの下請け業者に発注することにしました。

(それにすべてをレオハウスに頼んだ方が入居後のメンテナンスも楽だと思いました。)

参考のために、私が発注した外溝工事の見積もり明細書を下記の通り公開させて頂きます。

ちなみに外構工事はレオハウスではなく下請け業者と交渉することになりますので、他の土建屋等外構工事業者と相見積もりをとって競争させれば、価格や料金を値切る値下げ交渉をする事が可能です。

レオハウスのオプション外構工事を値切り値下げ値引き

実際に私は見積価格を7万円程度、値切り値下げさせることに成功しました。

レオハウス自体は見積価格等の値引きを認めませんので、レオハウスの従業員を同伴させず、下請け業者の担当者だけの時を見計らって値下げ値引き値切り交渉することが必要です。

それと実際にレオハウスの外構工事の価格が安いと思ったのは、下請け業者がオフレコで教えてくれた理由にあります。

それは、他の大手住宅メーカーの場合、下請け価格に対して20%上乗せした金額で、大手住宅メーカーとしての見積もり書を出すそうです。

レオハウスの場合は、3%の上乗せと言うことなので、ここでもレオハウスの安さの秘密が明らかになります。

外構工事は下請けの中小企業が行ないますので、直接その中小企業と契約して工事を発注すると単純に3%安くなります。

レオハウス外構

我が家の外構部分の写真です。

ただその業者が良心的なまじめな業者であれば問題ありませんが、トラブルが発生した時に一部上場企業ナックの子会社レオハウスで契約していたほうが、その後の対応や保障面で安心感がありますので、私はレオハウスのオプション工事で外構工事等をすることを推奨します。

その他、レオハウス住宅価格の値引き値下げ交渉住宅ローンの各銀行の金利や保証料比較のメリット住宅用土地や宅地の値切り方と値切り交渉

引越し料金や代金を安く値切り値引き交渉術セコムの月額料金や工事価格や代金の値引き交渉レオハウスの火災地震保険マイホームぴたっと保険、できる限り安い価格や料金でサービスを利用する方法を紹介しています。

 

 

 

 



※心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくり は各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報やオリジナル間取りの提案も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。

レオハウスのオプション外構工事見積もり価格や費用

 

工事名称          数量    単価   金額

 

整地            67    900    60300円

型枠工事           1           25000円

土間コンクリート打設    73   4000   292000円

左官コテ押さえ       73    950    69350円

アプローチ下地        1           18000円

アプローチタイル張り   5.5           66000円

ブロック1段積        1           45000円

メッシュフェンス      32   5500   176000円

メッシュ門扉         1           43000円

フェンス基礎         2            7000円

施工代            1           23000円

設備調整           1           23000円

砂利敷き          58    650    37700円

宅内整地           1           35000円

エクスポスト         1           29000円

施工代            1            4000円

表札             1           20000円

レイナポートミニ       1           69000円

施工代            1           33000円

残土処理           8           48000円

諸経費            1           45000円

小計                        1168350円

税込価格                      1226768円

値引き                        △76768円

値引き後価格                    1150000円

 

出来たあとで、気づいたのですが表札やポストなどは、外構工事の業者さんが持ってきたカタログから選んだのですが、気に入るものがそんなになく、これいいかというくらいの選択でした。

ネットなどでみると、もっとおしゃれで価格も安物があったりしたので、自分で購入したものを取り付けだけしてもらうという形にしても良かったのではないかなと思います。

(気づいたのが遅かったのでそれができたかどうかはわかりません。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA