家を安い価格や坪単価で購入する方法

診療放射線技師長や主任係長の年収給与や転職求人

病院の診療放射線技師長や科長や課長や主任技師や係長の平均年収や給与について紹介します。

診療放射線技師の仕事は、一般的X線撮影や CT検査等放射線を使って体を検査することが主な仕事です。

 

 

その他、血管検査、骨密度検査、マンモグラフィー、がん細胞に放射線を当ててがん細胞を消滅させたり、増やさないようにしたりする放射線治療などがあります。

そして、診療放射線技師長や科長や課長や主任技師や係長の仕事は、これらの仕事に加えて、その部下である診療放射線技師を取りまとめる管理的な仕事になります。

診療放射線技師長や科長や課長や主任係長の平均年収給与

診療放射線技師長や課長や科長の平均年収や給与については、平均年齢が51歳、平均勤続年数が25年、平均年収が7,000,000円、最低が4,000,000円、最高が9,900,000円となっています。

診療放射線技師長の平均年収を病院規模別に考えると、400床以上が7,800,000円、200~399床が7,200,000円、100~199床が6,700,000円、100床未満が6,400,000円となっています。

診療放射線技師長については病院の規模が大きくなるほど平均年収や給与が多くなるようです。

診療放射線主任技師や係長については平均年齢が45歳、平均勤続年数が20年、平均年収が5,700,000円、、最低額が3,500,000円、最高額が9,600,000円となっています。

病院規模別に考えると400床以上が6,200,000円、200~399床が5,800,000円、100~199床が5,500,000円、100床未満が5,600,000円となっています。

診療放射線技師長や課長科長や主任係長の転職求人

診療放射線技師長と同じく診療放射線主任技師や係長についても病院の規模が大きくなるほど給料や給与や年収や収入が多くなるようです。

よって、診療放射線技師として高い年収や給与が欲しい方は大規模病院をメインに就職転職をすることをお勧めします。

次に病院の診療放射線技師長や科長や課長や主任技師や係長の転職求人や紹介エージェントについてですが、東証一部上場企業のSMSが運営する放射線技師人材バンクを利用しましょう。

 

 

紹介件数が多いので、病院の内情や現状などの情報を多く持っています。

その中から自分の希望に合った病院を紹介してくれるので満足できる就職転職活動が出来る可能性が高くなります。

新しい診療放射線技師の可能性をひらくという意味ではビズリーチに登録してみるといいのではないでしょうか。

自分では気がつかなった年収1000万円以上の業種への就職を紹介してくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA