家を安い価格や坪単価で購入する方法

日産セレナの車のキーランプが消えない KEY警告灯の点灯

日産セレナのKEY警告灯がオレンジ色に点灯

日産のセレナを購入して6年半が過ぎました。

乗り心地は快適なのでたまに不具合があることは差し引いても(アクセルが作動いない不具合)購入して良かったと思っています。

 

 

私は休みの日に家族で県外に出掛けることが多く、長距離運転することが多いので車のメンテナンスは半年に一回欠かさず行っています。

日産セレナのKEY警告灯がオレンジ色に点灯

今年も5月のゴールデンウィーク明けにやってもらい異常が無かったのですが、5月の終わりごろにある異常を発見しました。

それは、日産セレナの運転席のスピードメーターの辺りの鍵の表示がオレンジ色に光っている事(KEY警告灯の点灯)で気がつきました。

特に運転にも支障がないし、もしかしたら今までもオレンジ色に光っていたけど気がつかなかっただけかもと言う思いもありましたが、でも、6年半も気がつかなかったと考える方が無理があると考えたので、自分で調べることに。

KEY警告灯

まずは車の鍵の電池の寿命を疑って、妻が持っている日産セレナのキーを持ってエンジンをかけてみたのですが、やはり同じように車のキーの表示がオレンジ色に光ります。

私が持っている車のキーでも妻が持っている車のキーでも光るので、電池や車のキーの問題の可能性が低いので、説明書で調べることに。

日産セレナ本体の異常の可能性もあるなと思いながら確認してみると、まずは日産セレナの車のインテリジェントキーの電池を交換するよう書かれていました。

日産セレナのインテリジェントキーの電池を交換するが異常が直らない

なので、早速電池を購入して新しい電池に入れ換えてみることに。

(電池の交換の仕方については️このタノライフの別のページで紹介しています。)

そして、日産セレナのエンジンをかけてみたのですが、やはり車のキーの表示がオレンジ色に光ります。

日産セレナKEY警告灯説明書

そうなると日産セレナの車のステアリングロックやインテリジェントキーのシステムに異常がある可能性が高く、エンジンがかからないことや電源ポジションがロックから動かないことがあるので、日産セレナのディーラーや販売店で調査や点検してもらうことが必要になります。

なので、妻に予約してもらい、日産セレナの販売店に持ち込んでもらうことに。



※心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくり は各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。

CPUの中のスタータモータリレーやスタータモータコントロールリレーに異常が

そして、調査してもらった結果、車のキーの問題ではなく、エンジン系統に異常があることが分かりました。

CPUの中のスタータモータリレーやスタータモータコントロールリレーに異常

どうもバッテリーからスタータモータの間にある、CPUの中のスタータモータリレーやスタータモータコントロールリレーに異常があり、それを修理する場合はCPUのユニットの交換が必要になります。

CPUのユニットの交換費用と価格

その金額が32500円と高額です。

日産セレナCPUのユニットの交換見積書

いやいや、今、普通に動いているし、そんなに高い費用が発生するのなら修理しなくていいんじゃないのと思いましたが、日産セレナの担当者いわく急にエンジンがかからなくなるリスクがあるから交換が必要だとのこと。

部品が明日になるが、修理が完了するまでの間にエンジンがかからなくなると大変だからと言うことで、すぐに台車を貸してくれました。

はっきり言って痛い出費ですが、我が家は遠出をすることも多いので、安全は全てにおいて最優先なので、仕方ないことです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA