家を安い価格や坪単価で購入する方法

レオハウス標準外工事オプション費用の見積もり価格

レオハウスのLDKと和室をつなぐ3枚引き戸

レオハウス住宅の標準外のオプション追加工事についてはカタログ等が無いので、実際自分が標準工事以外で設置したい設備や備品等について、その都度、レオハウスの一級建築士や営業担当者に

こんなものが欲しいんだけど追加で費用がいくらかかりますか?とか、出来ますか?

と確認することが必要になってきます。

 

 

レオハウスでマイホームを計画するときに、追加費用等のお金が発生するオプションのカタログがあれば、そのオプションのカタログの中から、自分が欲しいと思うオプション工事の価格をみて、財布と相談しながら決定していくことが出来るのですが、全く何も無いのでレオハウスの営業マンに

オプションで何が出来るのですか?とか、こんなものはないのですか?

追加費用等のオプションのカタログがない

と質問をしないと、自分が欲しいオプションの商品や工事があるのか分からない状態です。

よって、自分がグレードアップしたい設備や商品、追加して欲しい設備や商品があるのであれば、レオハウスの営業マンや一級建築士に、

こういうオプション工事ありませんか?

と確認して、あるのであれば価格や値段等を確認して決めていかなければなりません。

ローコスト住宅値引き値下げ交渉 安い価格で購入する方法

要するに、例えば標準サービスの畳をオプション工事の琉球畳等にグレードアップを検討しているが、価格がいくらですかと確認する作業が必要になってきます。

私がレオハウスに注文した琉球畳は、尺モジュールの6畳で100.200円の追加になりますので、100.200円の追加費用を出して、畳をグレードアップするかどうかを検討しました。

 

 

そして、最終的に見た目や耐久性の強さという面から変更を決定しました。

オプションの種類や価格が分からないと、グレードアップするかどうか、追加するかどうかの検討が出来ないと思いますので、このページで私が実際にレオハウスの標準仕様からグレードアップしたり、追加したオプション工事の価格や見積り明細について、レオハウスのカタログの代わりに紹介させていただきます。

レオハウスでの家やマイホーム作りに役立ててください。

 

レオハウス標準外工事オプション費用の見積もり価格

 

数量                        単価          価格

1.標準外設計工事・構造変更工事

・法22条地域仕様     42.4坪     1.000円      42.400円

・省令準耐火仕様2              11.000円     466.400円

・長期優良住宅仕様               2.800円     118.720円

 

2.屋根・軒工事・構造変更工事

・母屋上がり屋根割り増し  4.55m    10.000円      45.500円

・上部屋根割り増し      3.31    45.000円     148.950円

 

3.外壁工事

・外部袖壁            0.3m  61.800円      18.540円

・外部袖壁             1    22.800円      22.800円

 

4.外部建具工事

・引き違い窓増設          1    23.000円      23.000円

・面格子              3    22.000円      66.000円

・ルーバー用 チェーンオペレーター 1     5.900円       5.900円

・内土間1                  25.000円      25.000円

5.外部備品工事
6.内部建具工事

・4枚折り戸            1    36.800円      36.800円

・3枚折り戸変更          1    86.600円      86.600円

レオハウスのLDKと和室をつなぐ3枚引き戸

 

7.内部仕上げ工事

・内部ふかし壁         3.64m   7.200円      26.208円

・仕切り袖壁工事        1.81m  25.000円      45.250円

・縁なし琉球風畳変更6畳      1   100.200円     100.200円
8.収納工事

・階段下収納            1      5月大人気ソーラー標準サービス

・収納区画増設           1    36.000円      36.000円

・ハンガーパイプ          3     3.500円      10.500円

・枕棚               3     6.900円      20.700円

 

9.内部備品工事
10.住宅設備工事

・換気扇ダクト延長         1     5.000円       5.000円

・2階トイレ            1   357.000円     357.000円

・キッチンシンク人工大理石     1    35.800円      35.800円

・電気温水器エコキュート460   1   123.000円     123.000円

レオハウスのトイレ

 

11.内部電気規格外工事

・テレビ分配器変更差額       1     7.000円       7.000円

・テレビ配線増設          4     5.800円      23.200円

・ACコンセント電源増設      4     8.600円      34.400円

・電灯配線             1     2.600円       2.600円

・スイッチ配線           1     2.900円       2.900円

・LAN配線用外部引き込み空配管       10.000円      10.000円

 

12.土間コンクリート     3.31    25.000円     82.750円

 

 

 

 

家やマイホームに住む前の段階で、オプションでつけるべきものはなかなかわからないものです。



※心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくり は各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。

生活風景を想像してオプション工事を考える

今になって思うのは、コンセントをもう少し増やしておけばよかったなということです。

具体的に言うと、階段の途中にコンセントがないので掃除機をかけるとき、半分までは一回のリビングのコンセントから伸ばして掃除します。

そして上半分は、2階のコンセントに差し替えて掃除します。

しかもコードが結構ギリギリです。

また、よく使うであろうコンセントはあらかじめさせる部分を(標準だと2個ですが)3個や4個位のものにしておけばよかったなと思っています。

みなさんもレオハウスでマイホームを建てたあとに後悔しないように、しっかり生活風景を想像して、必要なオプション工事を考えていきましょう。

レオハウスのオプションクロスやスイッチやライトの価格オプションカーテン工事の見積り価格や費用オプション外構工事の見積価格や費用については、リンク先のページで紹介しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA