家を安い価格や坪単価で購入する方法

5m×3mバックネットで安全に庭で野球やサッカー

レオハウスの庭でサッカー

レオハウスの家で楽しく生活するために、子供達と一緒に遊べるアイテムを充実させています。

庭ではサッカーや野球やバスケットボールやバトミントンやドッチボールが出来る様に、フットサルゴールやサッカーボール、カラーバットに柔らかいボール、バスケットゴールにバスケットボール、バトミントンのラケットや羽とネット、ドッチボール。

レオハウスの庭で野球

この他にも楽しく遊べる道具を購入したので、子供たちが小さい時は毎日のように庭で遊んでいました。

父さん遊ぼうと誘ってくれるので、仕事でしんどくても、前日の飲み会で二日酔いでもできる限り遊ぶようにしていました。

私もそういう遊びが好きなので、しんどくても遊びだしたら楽しくなってきます。

子供たちも初めは下手くそでしたが、回数を重ねるごとに上達してきます。

子供達と安全に庭で野球やサッカーをする為に

上達してくると威力や飛距離が伸びてくるのですが、そうなるとだんだん困った事が。

レオハウスの家の敷地を飛び越えて、隣の家にボールが飛び込んでしまうのです。

レオハウスの外構工事

飛び込むだけでしたらいいのですが、思いっきり蹴ったサッカーボールが隣の家の壁に当たったりします。

(いいと言っても何個も隣の家の屋根にボールを上げてしまい、私の家の二階から雨どいに入っているの見えたので、シルバー人材センターにお願いしてお隣さんの屋根に登ってもらいお金を支払って取ってもらいました。)

そしてあるとき、別のページでも紹介しましたが、妻が蹴ったサッカーボールがフットサルゴールの遥か上を飛び越えて、隣の家の自転車置き場のプラスチックの壁を突き破ってしまいました。

5m×3mワイドフレーム・バックネットイージーモバイル

 

 

この時は妻が泣きながらお隣の家に誤りに行き、お隣の家の人も非常に優しい人で、弁償もしなくていいし、遠慮なくどんどん子供達と庭で遊んでくださいというような感じでした。

しかし、それに甘えるわけにはいきません。

レオハウスの庭でサッカー

やはり、なるべく迷惑をかけないようにしなければなりません。

迷惑をかけないためにはお隣にボール等が飛び込まないように対策を考えなければなりません。

そう考えるとなるべく身長の高いネットを購入してお隣さんの家にボールが飛び込まないようにすることが必要不可欠だという結論に至りました。

そして、何かいいものないかなと楽天市場で探したらいい商品を発見しました。

5m×3mの本格軟式野球用のバックネットを購入

5m×3mの本格軟式野球用のバックネット(5m×3mワイドフレーム・バックネット“イージーモバイル「FBN-5030BN2 バックネット」)です。

早速、ひとつ購入して妻と庭のサッカーゴールの後ろのフェンスに設置。

設置の仕方は、適当にひもで縛るような感じです。

フェンスから外れないようにがちがちに縛ります。

5m×3mの本格軟式野球用のバックネットの写真

フットサルゴール

サッカーゴールの高さが2mなのでその上までカバーできます。

3mもあれば、意識して高くボールを蹴らない限り、その上を飛び越えていくことはありません。

(ただ、低めに蹴ることを意識せずに思いっきりサッカーボールを蹴るとバックネットを超えていくので注意が必要です。)

しかしこれだけでは、自宅庭の西側に5m×3mのバックネットを設置したので、PKでサッカーボールを弾いた時に、そして、野球で空振りした時に南側のお隣さんの家にボールが当たります。

再度、同じものを購入して南側のフェンスにもバックネットを設置しました。

バックネット5m×3m
このバックネットを設置したあとは、ほとんどお隣の家を気にすることなくレオハウスの庭で、サッカーや野球やドッチボールなど子供達と楽しく遊ぶことが出来る様になりました。

2つ購入して2万円ぐらいになりましたが、そのおかげで楽しく遊べたので、いい商品に巡り会えて良かったです。



※心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくり は各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報やオリジナル間取りの提案も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。

ワイドフレームイージーモバイルFBN-5030BN2 バックネット

購入して、早くも6年以上が経過しましたが、今のところ劣化もないので、5m×3mの本格軟式野球用のバックネットは長く使えるおすすめの商品です。

そしてこの5m×3mワイドフレーム・バックネット“イージーモバイルFBN-5030BN2は、移動や持ち運び用の専用のバックやフレームは組み立て式で収納カンタン、ハンマーやピンもあり、河川敷などに持っていて使うことも出来ます。

子供たちと家族で楽しく遊ぶ必要不可欠なアイテムです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA