「病院の医師や看護師や薬剤師や事務等各職種の年収や給与」の記事一覧

病院に就職するにあたっての条件の一つとして給与や年収が挙げられます。

希望としては出来るだけ多い方がいいというのが本音でしょう。

しかしながら、給与や年収だけで判断すると入社したあと、こんなはずじゃなかった。

 




 

思っていた病院と違う。

働きにくい。

等々の問題が出てきます。

ですので、給与や年収も転職や就職する病院を決める一つの条件というような感じで考えるのが良いと思います。

この病院は例えば看護師の平均全国平均の年収よりも給与が高く、従業員の福利厚生もしっかりしていて、休みが多いので応募してみようかなと言うような感じで判断していきます。

病院の各種職種毎の年収や給与を紹介します

このカテゴリーでは病院の事務長(事務部長や副事務長や次長や課長や係長や主任)。

医師(院長や副院長や診療部長や医長)。

看護師(総看護師長や看護部長や副看護部長や師長や課長や主任や係長)。

薬剤師(薬剤部長や薬局長や主任)。

その他、管理栄養士や栄養士や調理師や調理員。

理学療法士や作業療法士や言語療法士。

放射線技師や臨床工学士。

精神保健福祉士や社会福祉士や事務員。

医師や看護師や薬剤師や事務等等の年収や給与

准看護師や看護補助者や清掃スタッフ。

臨床心理士や歯科医師等々。

病院の各職種の年収や給与を病院の規模別に分けて紹介します。

 




 

病院に関係ない方も、医療職の方がどの程度の年収なのか、興味を持っている方も多いのではないでしょうか。

目的はいろいろだと思いますが、有効にお役立てください。

あわせて転職に役立つ求人情報や紹介エージェントを紹介します。

皆さんの満足できる転職活動などに役立てていただければ幸いです。

新着記事