「土地や宅地の価格を安く買う値下げ交渉術」の記事一覧

マイホームや家や住宅を建てたり、購入するときに一番初めにしないといけないことは何だと思いますか?

資金計画や住宅ローン等の借り入れや間取りや住宅メーカーの決定等、やらなければならない事がたくさんあります。

どこの土地や宅地に建てるか決める

そのたくさんすることの中で、まず初めに、どこに建てるのかを決めることが必要になってきます。

親名義の宅地を利用するとか。

親の自宅を改修工事して2世帯住宅にするとか。

マイホームを建築する場所があらかじめ決まっている人は何も心配することはありません。





自分で新たに土地を購入してマイホームを建てる方は住宅用の土地や宅地を探す所からはじめなければなりません。

土地を探すためには、不動産業者を利用すればいいことぐらいは誰でも分かります。

しかしながら、土地の売買をするのは今回が初めてだという人も多いと思います。

土地や宅地の適正価格や地価(路線価)がいくらなのかとか。

注意点や注意事項や宅地や土地等の価格や諸費用を安く買う値下げ値切り交渉術。

仲介費用等の土地代金(手付金)以外に必要な経費(登記費用)や税金(不動産収得税や固定資産税や印紙税や消費税)。

共有名義の利用やその他手続きや手順や各種制度について全く分からないので不安だとか心配だという言う人も多いのではないでしょうか?

知識がないとその物件が安くてお買い得なのか?

それとも損なのか?

ということも分かりません。

そして、不動産業者に無知な部分につけこまれて相場より高額な値段で買わされたり。

進入路が私有地だったり、形がいびつだったり、評判が悪かったり。

不安な場所だったり、災害が起こりやすい場所であったりと実際に生活して失敗したなとか、こんなところ買わなかったらよかったと後悔する可能性が高くなります。

土地や宅地の価格を安く買う値下げ交渉術

一生に一度の大きな買い物で、そのような失敗をしない為に、正しい満足できる住宅用の土地や宅地の探し方や選び方。

土地の売買にかかわる不動産屋や売主との値引き値切り値下げ交渉術。





(安く買ったから損をすることは一切ありません。

購入する物件は同じなので、できる限り安く購入したほうがお得です。

この交渉をするかしないかで数百万円購入価格が異なることがありますので、適切に値下げ交渉をしなければなりません。)

売買に伴う費用や税金や手続きや各種制度。

宅地や土地の購入と消費税増税の影響についてこのカテゴリーで分かり易く説明していきます。

土地や宅地等不動産の購入を検討している方の役に立てばいいなと思っています。

新着記事