家を安い価格や坪単価で購入する方法

薬剤部長や薬局長管理薬剤師の平均年収や給与と転職求人

アンダーウォーターワールド グアムの魚

病院の薬剤部長や薬局長や管理薬剤師等の薬剤師の平均年収や給与は、病院の中では医師や歯科医師の次に高くに設定されている事が多いです。

特に2006年から薬学部が6年制になり、2012年にその卒業生が出てくることから、薬剤師の等の待遇を良くして採用や確保を試みた病院もあったはずです。

薬剤師の病院内での業務や仕事は、外来患者や入院中の患者の処方箋をチェックした上で調剤し、患者に薬の効果や飲み方や副作用を説明し、全ての患者が安心して安全に薬を服用できるように指導する業務を行っています。

薬剤部長や薬局長や管理薬剤師の平均年収や給与

それ以外に薬に関する医師や看護師の問い合わせに応じたり、薬を安全に管理する業務があります。

それら薬剤師を統括する従業員や職員が、薬剤部長や薬局長や管理薬剤師に抜擢されます。

では、病院の薬剤部長の平均年収や給与がいかほどなのかと言うと、薬剤部長の平均年齢が53歳、平均勤続年数が24年で平均年収が795万円となっています。

薬局長や管理薬剤師は、平均年齢が44歳、平均勤続年数が16年で平均年収が573万円となっています。

(厚生労働省の発表によると店舗の管理監督を行う管理薬剤師の平均年収は764万円となっています。)

アクションカメラで撮影した写真

病院の規模別に薬剤部長の平均年収や給与で考えると、400床以上が897万円、200床から299床が759万円、100床から199床が845万円、100床未満が630万円となり、規模が大きい病院の方が支払われる平均年収や給与が多いようです。

規模が大きい病院の方が支払われる平均年収や給与が多い

薬局長や主任薬剤師の年収で考えると、400床以上が604万円、200床から299床が589万円、100床から199床が540万円、100床未満が565万円となり、薬剤部長と同じく規模が大きい病院の方が支払われる平均年収や給与が多いようです。

これは他の事務長や看護部長や看護師長等と同じく、規模が大きい病院の方が管理する部下が多く、高度な仕事も多く、尚且つ規模が大きいほうが効率よく利益を出しやすいので儲かっている病院が多いことが挙げられます。

そして、大きな規模になると理事長や院長の目が行き届きにくいので、優秀な薬剤部長や薬局長や管理薬剤師を採用して任せなければならないという事情もあります。

病院の薬剤部長や薬局長や管理薬剤師として、平均年収や給与が多く支払われる病院に転職や就職したいと思っている薬剤師の皆さんは、400床以上の病院への就職や転職を目指すとべきです。



※心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくり は各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。

薬剤部長や薬局長管理薬剤師の転職求人と信頼できるエージェント

次に薬剤部長や薬局長や管理薬剤師の転職求人や紹介エージェントについてですが、エムスリーキャリアの薬キャリとメディウェルの薬剤師転職ドットコムとメディカルリソースのファルマスタップなどがおすすめです。

薬剤部長や薬局長や管理薬剤師等の薬剤師の希望する条件や待遇を理解して、尚且つ病院の希望する知識や能力を持った優秀な薬剤師を紹介してくれます。

病院の院長や事務長は従業員の採用が重要な仕事のひとつになりますが、誰でもかれでも紹介手数料のために紹介してくるエージェントは信用していません。

よって、そういうエージェントから紹介された薬剤師やその時点でマイナスポイントから始まります。

逆にエムスリーキャリアの薬キャリとメディウェルの薬剤師転職ドットコムとメディカルリソースのファルマスタッフなどの信頼されている紹介会社から応募があった薬剤師はプラスポイントから始まりますので有利です。

徳島県穴吹川白人の瀬

しかもエージェントを複数利用するメリットがあります。

それは、最終的に利用するエージェントはひとつになります。

よって、薬剤部長や薬局長や管理薬剤師候補者に自社で就職や転職を決めてもらいたいので、薬剤師の皆さんが満足できる条件や待遇を満たすために、必死で努力してくれます。

病院との条件や待遇アップの交渉も積極的にやってくれます。

そういう意味もあり、複数のエージェントを利用して、競わして就職転職活動をすることをお勧めします。

その他、新しい薬剤師の可能性をひらくという意味ではビズリーチに登録してみるといいのではないでしょうか。

年収1000万円以上の求人のみを取り扱っているエージェントですし、自分では気がつかなった業種への就職を紹介してくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA