家を安い価格や坪単価で購入する方法

レオハウスの長期優良住宅仕様のメリットや基準

ローコスト住宅メーカーでも、タマホームの様に長期優良住宅が標準仕様サービスだったり、レオハウスのように少々の追加資金で長期優良住宅仕様に変更する事が出来ます。

長期優良住宅にすると、まず長期的に住まいとして利用できる優良住宅仕様だという安心感が得られますが、それだけではなく、さまざまなメリットがあります。

このページでは、マイホームや自宅や住宅や家を購入するにあたって、レオハウスの長期優良住宅にすることのメリットについて説明させていただきます。

 

 

レオハウスの長期優良住宅仕様のメリット

1、耐震、断熱、バリアフリーなど一定の条件を満たした、長持ちする優良レオハウス住宅が手に入ります。

建物の躯体は、100年間、品質や強度を損なわずに利用出来る事が条件になります。

 

2、固定資産税の軽減措置適用期間(2分の1に減額)が延長(3年間→5年間)

不動産所得税の控除額が拡大(1,200万円→1,300万円)節税出来るので家計の節約になります。

 

3、住宅借入金等特別控除(住宅ローン減税)が拡充されます。

一般住宅の場合、控除対象借り入れ限度額は4,000万ですが、長期優良住宅の場合は5,000万まで引き上げられます。

 

4、登録免許税の税率が軽減で節税

(保存登記0.15%:移転登記0.3%→保存登記0.1%:移転登記0.1%)

 

5、住宅ローンフラット35Sを利用する場合、省エネルギー性、耐震などの要件を満たすと当初10年間の借入金利について0.25%の金利優遇が受けられます。

私はレオハウス提携の優良住宅ローンのフラット35を利用しました。

 

6、レオハウス提携の住宅火災保険料が半額ぐらいになる。ちなみに私の場合優良住宅ローンのフラット35を利用した関係で35年の火災保険に入りましたが、元々の火災保険料は120万円で長期優良住宅仕様にしたので60万円ですむことになりました。

詳しい内容は、レオハウスの火災地震保険マイホームぴたっとのページで紹介しています。

 

火災保険一括見積もり依頼サイトを利用すると保険料が一番安い最適な火災保険を見つけることが出来ます。

火災保険料も数十年で数十万円の差になりますので見積書を取得して比較したほうが絶対に得です。

 

 

レオハウスの長期優良住宅の基準

○劣化対策

数世代にわたりレオハウス住宅の構造躯体が使用できます。

通常100年程度です。

鉄筋コンクリートの場合は、セメントに対する水の比率を低減するか、鉄筋に対するコンクリートのかぶりを厚くします。

木造造りの場合は、床下及び小屋浦の点検口を設置して、床下空間を一定の高さを確保します。

 

○耐震性

大規模地震力に対する変形を一定以下に抑制し、改修の容易化を図ります。

建築基準法の1.25倍の地震力に対して倒壊しない免震建築物であることが必要です。

 

○維持管理変更の容易性

構造躯体に対して耐用年数が短い内装・設備に対して清掃・点検・補修・更新が容易に出来る必要な措置をとっていることが必要です。

 

○可変性

居住者のライフスタイルの変化に応じて間取りの変更が可能であることや配管・配線のために天井高を確保することが必要です。

 

○バリアフリー性

将来の改修に対応できるように共用廊下・階段等に必要なスペース(エレベーターの開口幅)が確保されている事が必要です。

 

○省エネルギー性

断熱性能等

 

○住居環境

地区計画、景観計画、条例による町並み等の計画、建築協定との調和が図られることが必要です。

 

○住居面積

良好な居住水準を確保する事が必要です。

 

○維持保全計画

将来を見据えて、定期的な点検・補修等に関する計画が策定されている事が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA