家を安い価格や坪単価で購入する方法

ホームセキュリティ月額料金や工事価格を値切る値引き交渉

レオハウスのリビング

我が家のホームセキュリティの月額料金や工事価格や代金は別のページで説明した通りです。

そして、そのホームセキュリティの月額料金や工事料金や代金は簡単に値引き値下げ値切り交渉をすることが出来ます。

当然ですが、自分から営業担当者に値切る値引き値下げ交渉をしなければ、営業担当者が親切に月額料金や工事価格を値引き値引きをして、安くしてくれることはないので、自分から営業担当者に、ホームセキュリティの月額料金や工事価格や代金が安くなるように働きかけることが必要になります。

※値切るのは苦手だとか、そんな厚かましい事をして営業担当者に嫌われないか心配している方もいるかもしれませんが、営業の方は毎日のようにいろいろな人に値切り倒されているので、そんな小さいことを全く気にする必要はありません。

慣れっこです。

(営業担当者も値切り値下げ値引き交渉されることを当たり前の事だと思っています。

もし、全く価格や代金や月額料金の交渉がなければ、ラッキーというような感覚です。)

有利な条件に工事価格や月額料金や代金を値切る

そういうことですので、どんどん工事価格や月額料金を値切る値引き値下げ交渉をして、出来るだけ有利な条件や価格や料金や代金で契約を勝ち取りましょう。

ホームセキュリティの月額料金や工事価格や代金を値切る値引き値下げ交渉の仕方は簡単です。

見積書を使った価格競争に持ち込む

単純に、ALSOK綜合警備保障(アルソック)やセントラル警備保障やセコム(SECOM)や関電SOSや全日警や大阪ガスセキュリティや東急セキュリティや東京ガスや九電 ホームセキュリティや山陽セフティやにしけいホームセキュリティ等の同業他社からホームセキュリティの相見積書を取得して、見積書を使った価格競争に持ち込めばいいのです。

他社の方が御社よりも月額料金や工事価格や代金が安いから、他社のホームセキュリティの契約を考えるとつぶやくだけでかなり効果があるはずです。

価格競争以外の方法としては懐事情に訴えて、この月額料金や工事価格や代金が支払えないからこれだけの金額に値下げ値引きしてとか。

工事価格を払う余裕がないからこの金額にしてくれたら即契約するとか。

様々な角度から月額料金や工事価格や代金の値引き交渉

いろいろな角度から訴えて交渉するのも賢いやり方です。

営業担当者も毎月ホームセキュリティの獲得ノルマがあるので、今月のノルマが厳しいなどの諸事情によって、無理なお願いを聞いてくれる可能性が高いです。

私の場合は、勤務先の会社でそのホームセキュリティ業者の大口取引をしていることもあって12,000円ぐらいの月額料金が8,500円

(防犯サービスや火災監視サービスや非常通報サービスのほかにホームモニター機能のセンサーライトカメラを2台とセット解除ボックスを設置しました。)

ぐらいに、130,000円ぐらいの工事価格が60,000円ぐらいになりました。

特に月額料金は毎月の支払いになり、ホームセキュリティを使用する期間が長くなればなるほど月額料金の差が大きく開いてきます。

交渉して月額料金下がれば下がるほどお得

(料金が安くなっても警備内容は同じですので、下がれば下がるほどお得です。

私の場合は値引き値下げによって、年間4万円程度月額料金を節約する事が出来ました。)

ので、契約前にしっかりホームセキュリティの月額料金や工事価格や代金を値切る値引き値下げ交渉することをお勧めします。

きっちり交渉すれば必ず安くなりますので頑張って交渉してください。



※心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくり は各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報やオリジナル間取りの提案も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。

ホームセキュリティ契約後も粘り強く交渉

ホームセキュリティの口コミ評価評判でも、月額料金を値切って値切って値切り倒して、これ以上無理というところまで値切って、契約をしなかったら更に500円値下げしますと言ってきて、1000円程度は簡単に安くなるという意見がありました。

値切らないと損

それとホームセキュリティの工事価格や代金、月額利用料金は契約するまでに値切らないと損だという意見もたくさんありました。

一旦契約をしてしまうとなかなか月額料金を下げてもらう事が難しいようです。

(ローコスト住宅やレオハウスの価格や総額を値切る交渉などのページでも説明しましたが、契約したあと交渉しても釣った魚には餌はくれないので、交渉してもなんだかんだ言いながらはぐらかされてしまいます。)

交渉したら損益分岐点を超えるタイミングで値下げしてくれる約束を

私の場合は、センサーライトカメラを設置していて、その分費用負担が大きいのでそこの事を相談したら、後3年ぐらい待ってください。

損益分岐点があるので、その分岐点を超えるタイミングで再度料金の見直しをしてくれると言うことでした。

(ホームセキュリティ業者が我が家に警備に関する機械を設置するにあたって発生した費用や最低限の利益を考えて、損益分岐点を設定しているのだと思います。

その分岐点を超えたら月額料金を引き下げてくれるということです。)

購入後もダメもとで相談すると月額料金の値下げや値引きをしてくれるようです。

やはり、ダメもとでも言わないと損ですね。

私から言わないと忘れ去られそうですので、自分で覚えておいて、そのタイミングで再度交渉します。

その他、レオハウス住宅価格の値引き値下げ交渉住宅ローンの各銀行の金利や保証料比較のメリット住宅用土地や宅地の値切り方と値切り交渉引越し料金や代金を安く値切り値引き交渉術で、できる限り安い価格や料金でサービスを利用する方法を紹介しています。