家を安い価格や坪単価で購入する方法

レオハウスの坪単価と見積り価格や総額と費用

レオハウス

レオハウス等のローコスト住宅メーカーは、広告等で坪単価20万円とか30万円、40万円と1坪あたりの単価をわかり易く表示していますが、本当にその単価×建物の坪数で、レオハウス等のローコスト住宅メーカーで必要な購入費用や値段や価格の総額が計算できるのでしょうか?

すべての経費を入れると、広告等で坪単価20万円と記載されていても、実際に建てると坪単価50万円以上になった!!!

思っていたより高かった!!!

という類の噂を耳にして、不安を感じる方も多いはずです。

坪単価×建物の坪数で必要な購入費用や値段や価格の総額は出ない

私も正直な話、不安に思いながらレオハウスやタマホームやユニバーサルホームやアイフルホーム等で見積り書を頂きましたが、やはり、広告等で表示されているそこまで安いローコストな価格や坪単価で家やマイホームを建てられないという事がわかりました。

タマホームの坪単価等価格と口コミ評価評判ユニバーサルホームの坪単価等価格と口コミ評価評判アイフルホームの坪単価等価格と口コミ評価評判については、リンク先のページで紹介しています。

このページでは、私がなぜこれら3社のローコスト低価格住宅メーカーを利用しなかったか理由を説明しています。)

坪単価や価格はお客様に安いとインパクトを与える目的

結局、ローコスト住宅(低価格ハウス)メーカーや工務店が表示している坪単価や価格はお客様に安いとインパクトを与えるだけのものです。

レオハウス

実際に住宅や家やマイホームを建てるときは、宣伝されている坪単価や価格から導き出された総額に、標準外工事費用や付帯設備工事費用、必要経費、諸経費、追加工事費やオプション工事等がプラスされます。

そんなことされたらレオハウスでマイホームの購入を検討する時に、坪単価や価格や費用等お金の総費用が分からないと検討のしようがない!!!

 

 

と思いますので、私が建てたレオハウスの大人気の家・ソーラー(カナディアンソーラー太陽光発電システムの価格)・尺モジュール・一般地仕様・2階建て・法22条地域省令準耐火仕様・長期優良住宅の見積書価格明細書や坪単価並びにマイホームを手に入れるために必要だった総額を紹介します。

(建物面積は42.4坪です)

レオハウスリビング

この価格や坪単価を参考に住宅購入を検討して下さい。

 

レオハウスの実際の坪単価と見積り価格や総額や費用

 

1、レオハウスの建物本体工事費用  42.4坪×283,809円

12.033.501円

 

2、レオハウスの標準外工事費用

1.655.268円

内訳 標準外設計工事・構造変更工事

法22条地域仕様 省令準耐火仕様 長期優良住宅仕様

屋根・軒工事 構造変更工事

外壁工事

外部建具工事

外部備品工事

内部建具工事

内部仕上げ工事

収納工事

内部備品工事

住宅設備工事

エコキュート 2階トイレ

内部電器規格外工事

雑工事

レオハウス標準外工事オプション費用の見積価格については、リンク先のページで詳しく紹介しています。)

 

3、レオハウスの付帯設備工事費用

1.332.000円

仮設費用

屋外給排水工事

外水道設置工事

雨水排水工事

屋外電気工事

4、レオハウスの必要経費

995.520円

地質調査料

基本図面作成料

設計管理料

瑕疵保証

オール電化対応

諸検査費用

住宅省エネラベル適合評価費用

長期優良申請サポート料

設計評価手数料

キッチン

5、レオハウスの諸費用

2.004.825円

安全対策費

産廃処理費

事務費等

 

6、レオハウス住宅の消費税

901,055円

 

7、レオハウスの追加工事費(税込み)

536.498円

レオハウスのオプションクロスやスイッチやライトの価格オプションカーテン工事の見積り価格や費用については、リンク先のページで紹介しています。)

 

 

合計19.458.667円

 

よって、建物の実際の坪単価は

19.458.667円÷42.4坪になりますので、約46万円となります。



※心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくり は各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。

レオハウスの実際の坪単価は1坪約46万円

レオハウスで表示されていた坪単価が約28万円でしたので、実際家を建てるのに必要な坪単価と比較すると18万円多くなります。

 

私が建てたレオハウス住宅の玄関の写真です。

レオハウス住宅 玄関

 

以上が私が購入したレオハウスの住宅や家やマイホーム購入にかかる費用やお金の総費用になります。

ローコスト住宅メーカーなのに思った以上に値段や価格や坪単価が高いなぁと思った方も多いんじゃないでしょうか?

しかし、これだけで驚いているととてもじゃないですが、住宅やマイホームは購入できません。

ローコスト住宅で坪単価○○万円という表示があっても、このページで説明したとおり、結局はそれだけではすまないのですが、ローコストではない住宅メーカーははっきり言ってそれ以上に高いです。

私がハウスメーカーや工務店をいろいろ回っていた時に、坪単価の表示がないハウスメーカーや工務店で価格や坪単価を聞くと、まず、予算はいくらなのですか?

と質問されることが多かったです。

お客様の予算によって、プランを考えますというような感じでした。

つまり、予算が少ないと家の大きさは小さくなり、仕様グレードは低くなるということです。

よって、坪単価や価格をはっきり分かるようにしていない住宅メーカーや工務店を利用すると、自分が思い描いたマイホームを作れないかもしれません。

マイホーム購入にはその他にも多くの費用やお金が

坪単価や価格が明朗で、自分が納得できるマイホームを作ることが出来る住宅メーカーや工務店を探すべきです。

レオハウスは明朗会計

そういう意味では、レオハウスは明朗会計でした。

マイホームを手に入れるために、私がここで紹介したレオハウスに支払った購入代金以外に土地や宅地の価格や費用経費や外構工事、火災保険料、登記費用、引越し費用、家電製品・家具購入費、住宅ローンのつなぎ融資や本融資の手数料・利息等たくさんの費用がかかります。

私はどちらかと言うとある程度余裕を持った計画を立てる方なので、自己資金もそれなりに準備していたつもりでしたが(500万円以上)、想定以上にマイホーム以外の費用が発生して、危うく資金が足りなくなるところでした。

レオハウスの外構工事

よって、レオハウス等でマイホームの購入を検討している方には、私がマイホームを購入するときに知っておきたかった全ての情報をこのブログで紹介していますので、必要な経費や費用を十分に理解した上で安心してマイホームを購入して欲しいと考えています。

途中で資金がショートしそうになるとマイホームを購入する喜びに水を差しますので。

レオハウス住宅購入資金以外に必要な費用やお金レオハウスで建てたマイホーム以外に必要な費用お金オプション外構工事の見積価格や費用アート引越センターの見積もり価格セコムホームセキュリティーの月額料金や工事価格についてもリンク先のページで紹介しています。

このホームページやブログにアクセスしていただいた全ての皆様が、心から満足できるマイホームを作ることが出来ることを心から願っています。

私も何点かこうすれば良かったと残念に思う部分もありますが、妻と二人でかなり綿密に家づくりをしましたので、レオハウスの家で心から満足しています。

レオハウスは金額の納得感ランキングで3年連続1位

平成30年(2018年)時点の情報ですが、レオハウスはオリコンの顧客満足度ランキングにおいて金額の納得感3年連続1位を取得しています。

これは坪単価など価格やコストの妥当性や見積書の正確さなど明瞭会計で分かりやすいことを意味しています。

誠実な営業を堅実に続けているということが良く分かる事例です。

やはり一部上場企業株式会社ナックの子会社なので、顧客に対する気配りやサービスや商品は一流です。

 

 

レオハウスの家の坪単価や価格

現在は、大人気の家COCOが坪単価31.44万円から。

COCO Lifeが坪単価39.5万円からとどちらもローコスト価格でマイホームを購入することが出来ます。

レオハウスの見積もりシュミレーションのホームページでは、大人気の家COCO Lifeの平屋 24坪 平屋 28坪 平屋 30坪 2階建て 30坪 2階建て 35坪 2階建て 38坪のそれぞれの設備をスタンダートや Gグレードから選択し、セレクトオプションとして太陽光パネルカナディアンソーラー、カップボードLIXIL、エコキュート370lコロナ、洗面化粧台上部収納LIXILを選択した見積もり総額がシュミレーションできます。

便利なサービスですので是非ご利用ください。

ちなみにこの見積もり総額には、本体工事や屋外給排水工事や雨水排水工事や屋外電気工事や仮設工事の費用が含まれます。

地盤調査料・建築確認申請費用・瑕疵補償保険費用等の経費、地盤改良費、外構・造園工事、ガス配管工事、建物解体費用、上下水道取出工事、浄化槽工事、用途地域対応費、住宅ローン融資手数料等、登記費用、抵当権設定費用、火災保険料、瑕疵保証保険料、印紙費、水道局納付金、検査料、TVアンテナ工事、カーテン工事、引越し代は含まれていませんので、お気を付けください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA