家を安い価格や坪単価で購入する方法

病院長と副院長と診療部長と医長の年収や給与と転職求人

ココス島ボートシュノーケリング

病院の院長や副院長の平均給与や年収について紹介します。

病院長の年収や給与

まず、院長の場合、平均年齢が60歳で、平均勤続年数が22年で、平均年収が1950万円です。

最低が1260万円です。

最高が3540万円になっています。

報酬の幅が非常に広いです。

院長の病床規模別の平均年収は、400床以上が1900万円です。

200~399床までが1880万円です。

100床から199床までが1900万円です。

100床未満が2200万円となっています。

院長の年収や給与は小規模病院の方が多くなる

病床の規模に応じて、年収が多くなるのではなく、小規模の病院の方が高年収となっています。

病院の規模が大きくなるほど多くなる 、看護師や事務員等の他職種と異なる部分です。

院長一人の業務や責任が多いから

これは、小規模の病院の方が、院長一人にかかってくる業務や責任が多いからではないでしょうか?

例えば、大規模病院であれば、診療業務等は、その他の医師に任せておけばいいのでしょう。

診療業務をほとんどせずに、管理業務だけをしている院長もいます。

美馬市穴吹川二又の瀬

理事長兼院長で、経営業務に専念している医師も多いです。

こうなると医師というより一般企業の経営者と同じような仕事をしていることになります。

しかし、小規模病院になると、医師数に余裕がないので、自分で患者の外来や入院の診察をこなしつつ、院長業務を兼務するという形になります。

過疎地などの病院の院長は全てを自分一人でこなさなければならいケースもあります。

そう考えるとふんぞり返ることも出来ずに、働きアリのように常に追われるように働かざるを得ないケースもあります。

考えるだけで大変です。

大規模病院の院長はやとわれ院長の可能性が

その他、大規模病院の院長は、やとわれ院長の可能性があります。

理事長という経営者がいて、院長は従業員というような感じです。

小規模病院の場合は、院長イコール理事長等の経営者である可能性が高く、その結果、年収や給与が高いという事があります。

次に厚生労働省が発表した医療調査実態調査によると、院長の年収は2670万円とここで紹介した結果よりも多くなっています。

そして、更に病院の設立者別で見ると国立病院の院長の平均年収は1971万円、公立病院が2065万円、公的病院2245万円、社会保険関係法人は1925万円です。

民間の病院は院長が経営者で理事長で報酬が多くなりがち

それに対して、医療法人が設立した民間病院の院長の平均年収は3160万円となっています。

(ちなみに個人経営の開業医は1599万円です。)

国公立の病院と異なり民間の病院は院長自身が経営者で理事長なので利益が出ている病院であれば、自分で好きなように年収を引き上げることが出来るので高年収となっています。

浦富海水浴場

厚生労働省の発表と初めに紹介した院長の平均年収が大幅に異なるのは、もしかしたら、初めに紹介した院長の年収は雇われ院長の平均年収を紹介しているのかもしれません。

経営者である院長の年収を正直に発表すると多すぎる。

そんなに儲かっているのなら診療報酬を下げろと世間からのバッシングを受ける可能性がありますので、情報が操作されている可能性があります。

副院長の年収や給与

次に、病院の副院長の場合ですが、平均年齢が56歳で、平均勤続年数が20年で、平均年収が1760万円。

最低が1000万円です。

最高が4180万円になっています。

副院長の病床規模別の平均年収は、400床以上が1650万円です。

200~399床が1710万円です。

100~199床が1700万円です。

100床未満が2300万円となっています。

副院長も小規模病院のほうが年収や給与が多い

副院長も院長と同じく小規模病院の方が、平均給与や年収が多くなっています。



※心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくり は各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。

診療部長の年収や給与

次に、診療部長の場合ですが、平均年齢が51歳、平均勤続年数が15年で、平均年収が1560万円です。

最低が680万円です。

最高が2410万円となっています。

病院の規模別にみると400床以上が1500万円です。

200~399床が1500万円です。

100~199床が1700万円です。

100床未満が1500万円となっています。

診療部長は病院の規模による年収や給与の差はない

診療部長は、院長や副院長ほど、病院の規模による年収や給与の差はないように感じられます。

医長の年収や給与

次に、医長の場合ですが、平均年齢が44歳、平均勤続年数が10年で、平均年収が1330万円です。

最低が200万円です。

最高が2660万円となっています。

病院の規模別にみると、400床以上が1220万円です。

グアムタモンの海水浴場

200~399床が1180万円です。

100~199床が1520万円です。

100床未満が1590万円となっています。

医長は小規模病院の方が平均給与や年収が多い

医長は、院長や副院長と同様に、小規模病院の方が平均給与や年収が多くなっています。

院長の年収や給与はもっと多くてもいいのでは

私の感覚では、院長は病院のトップです。

診察や手術の他に、医師の採用。

トラブルや医療事故対応。

意思決定。

医師や看護師や事務等の従業員の管理監督。

経営方針の決定等。

地域の医療体制を守るために責任の重い仕事をしていると思うので、もっと高い年収や給与でも、いいような気がします。

年収2000万円前後では割の合わない仕事です。

病院の院長や副院長や診療部長や医長の転職求人

次に病院の院長や副院長や診療部長や医長の転職求人についてですが、自分が希望する条件に合う満足できる求人を探すために、やはり転職エージェントを利用する方法が一番有効です。

更に転職エージェントへの登録は、3業者程度、並行して登録しておいたほうが、紹介される病院の求人が増えるので、有利に就職を進めることが出来ます。

そして、各紹介業者も自社の紹介で就職してもらいたいので(病院からは成功報酬になるので、自社紹介で就職してくれないとタダ働きになります。)、ライバル企業に負けないように、できる限り力を尽くしてくれます。

エムスリーキャリアなどの医師の転職紹介会社に登録

その結果、給与や待遇などの条件の良い求人をさらに良くして医師に選んでもらえるように、給与や年収を増やす交渉をしてくれるはずですので、日本最大級の医師転職のエムスリーキャリアやエムステージや民間医局の医師求人情報やリクルートドクターズキャリアや医師転職ドットコムやマイナビDOCTORなどにも登録することをお勧めします。

多くのエージェントに登録することでどの業者で就職転職を決めるか競争原理が働きますので。

その他、新しい医師の可能性をひらくという意味では年収1000万円以上の求人を紹介しているビズリーチに登録してみるといいのではないでしょうか。

自分では気がつかなった業種への就職を紹介してくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA