家を安い価格や坪単価で購入する方法

プリザーブドフラワーのコサージュ作り体験

プリザーブドフラワーのコサージュ

 

子供の学校のPTA主催の行事で、プリザーブドフラワーのコサージュ作り体験というのがあったので友達と申し込んで行ってきました。

 

 

プリザーブドフラワーは、特殊な液につけて水分を抜いた花で、枯れずにきれいなまま長持ちします。

プリザーブドフラワーのコサージュ作り体験

 

プリザーブドフラワーのコサージュ

入学式や卒業式につけるコサージュ。

生花のコサージュはきれいだけれど、日持ちがしないので式の当日か前日に用意しないといけなくて、日持ちもしませんので一度使うと終わりです。

その点、プリザーブドフラワーのコサージュならうまく使えば何 年も使うことが出来ます。

お花自体も、生花と変わらない美しさです。

プリザーブドフラワーのコサージュの作り方

 

材料

まず初めに、材料はプリザーブドフラワーと葉っぱ、ビジューなどの飾りワイヤー。

その他は、フローラテープとリボン、ハサミ。

作り方1

まず、主役のバラのプリザーブドフラワーの処理をします。

ワイヤの先を丸く折り曲げます。

作り方2

そのワイヤーを、丸く折り曲げていない方から花の中央に差し込みます。

花びらの奥まで刺して、折り曲げたところで止まるようにします。

作り方3

次に、花の根元の部分にワイヤーを十字に差し込みます。

作り方4

十字に刺したワイヤーを折り曲げます。

茎を作ったような感じです。

作り方5

そのワイヤー部分に、フローラテープを巻いていきます。

作り方6

次に飾りのビーズにもワイヤーを付けます。

作り方7

ビーズとアジサイにもわーやーをつけて、フローラテープを巻いたところです。

作り方8

葉っぱも同様に作ります。

作り方9

下準備が出来たら、いよいよコサージュの形作りです。

お花の位置を考えながら、自分の好みの形にまとめます。

まとめれたら、すべての茎の部分をフローラテープでさらに巻きます。

作り方10

まとめた茎の部分にコサージュのピンをワイヤーを巻いて付けます。

ピンを取り付けたワイヤーを隠すように、リボンを巻き付けていきます。

 

 

リボンの初めと最後はホットボンドで止めています。

作り方11

飾りのリボンを作ります。

プリザーブドフラワーのコサージュ

お花に飾りのリボンもつけたら完成です。

ピンクのコサージュ

黄色のコサージュ

私はブルー系のコサージュを選びましたが、友達の作ったピンクや黄色のコサージュも、写真に撮らせてもらいました。

どの色も可愛いですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA