家を安い価格や坪単価で購入する方法

病院の経理と給与と理事長や院長秘書の仕事と業務内容

病院の経理や給与の仕事は、一般企業と同じような事務の仕事になります。

経理は売り上げに対する請求書や伝票の作成や帳簿記入。

購入した医療機器や備品や医薬品に対する現金や銀行振り込みによる支払い。

講演や講義をしてくれた講師に対する謝礼金の支払いや納税や棚卸や病院会計規則に則った決算。

理事長や院長の交際費の支払いや出張の手配やその他業者との備品や医薬品の受け渡し。

 

 

電話応対や税務署による会計検査等の対応があります。

病院のお金の動きを把握し、理事長や院長のお金の使い方や請求書等により、理事長や院長の行動を把握する事が出来ます。

よって、お金を一番扱うので、横領等の心配がない、口が堅く信用できる人間が配置されることが多いです。

口の軽い人が経理になると、理事長や院長が通いつめているクラブで豪遊しているとか。

交際費で贅沢三昧とか。

従業員にそう言う噂が広まり、病院のモラルが低くなります。

病院の経理の仕事や業務内容

給与は、病院の従業員の給与の支払い業務。

新入社員入社時の健康保険や雇用保険や厚生年金等の手続き。

就職に関する助成金の手続きや退職時の健康保険や雇用保険や厚生年金の脱退の手続き。

退職金の支払い業務や障害者雇用の手続きや助成金の手続き。

国や県庁や市町村からの高齢者や障害者等に対する調査書類の作成。

電話応対や業者応対や労災保険の手続き等の仕事があります。

給与担当者は、病院の全ての従業員の給与額を知る事が出来ます。

そして、理事長や院長の給与や年収を知る事も出来ます。

よって、他の従業員や外部の人間にそういう情報を漏らさない口が堅い人 。

尚且つ、理事長や院長や医師や総看護師長や事務長等、高い報酬をもらっている方を妬まない無頓着な方や割り切れる方が適任です。

(自分の給与や年収と比較して、ストレスを溜めてしまう人は向いていません。)

うちの理事長の年収が5000万円もある。

とか、院長は3000万円やわとか。

たくさんもらっていることを大半の方が認識していますが、具体的な額を言われると、自分たちの給与の少なさに馬鹿らしくなる事もあります。

やってられない。

なんて感情を持たれると従業員の意識が下がるので、そういう情報は絶対に漏れてはいけません。

病院の給与の仕事や業務内容

理事長の給与は、こんなにたくさんあって、私の給与はすずめの涙。

やる気でんわと愚痴るような人も絶対に配属できません。

病院の経理や給与の仕事は、一般企業とさほど変わりないです。

よって、医療事務のように、他の病院での経験や医療事務の資格は必要ありません。

当然、経理や給与の業務が未経験よりは経験者の方がありがたいです。

そして、日商簿記の資格を持っていないよりは、持っている方が優遇されます。

しかし、病院の経験を求められる医療事務の仕事より、病院未経験者が就職しやすい事務の仕事になります。

病院の事務の仕事は、医療事務の他に理事長や院長の秘書業務があります。

クリニックや診療所や小規模病院の場合は、秘書を任命するほど理事長や院長の仕事がないので、秘書はいないかもしれません。

逆に、大規模病院であれば、ほとんどの病院で理事長や院長の秘書がいます。

では、この理事長や院長の秘書とは、どのような仕事をするのかと言うと、まず一つ目が忙しい理事長や院長が効率的に働けるように、スケジュール管理を行います。

大規模病院の理事長や院長となると、銀行や証券会社や保険会社や製薬会社等、業者や県庁や市役所等の役所関係のアポイントも多いです。

決済事項や打ち合わせの為に、副院長や総看護師長や事務長等のアポイントや医師会や協会等の活動。

病院内の医局カンファレンスや医療安全管理体制委員会や感染症対策員会等いろいろな会議等激務をこなしています。

よって、出来るだけ効率よく働けるように、秘書がスケジュール管理をします。

心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくりは各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報やオリジナル間取りの提案も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。


秘書は忙しい理事長や院長を助ける仕事

二つ目は、理事長や院長宛の郵便物やメールや電話の選別や報告、そして指示事項の周知や対応をします。

大規模病院の理事長や院長となると、いろいろな病院や業者や団体から郵便物やメールが届きます。

その全てを自分で開封して確認していたら、いくら時間があっても足りません。

よって、秘書が事前に確認して、不要な郵便物やメールを廃棄して、確認しやすい様に整理して、理事長や院長に報告します。

電話も同じで、どうでもいい ような業者からの電話や詐欺に近い業者からの電話等もあります。

そこで、秘書がその電話を受けて、理事長や院長が受ける必要があるかどうかを判別して、必要な電話だけをつなぐ ようにします。

わざわざ、理事長や院長が対応しなくても良い案件は、副院長や総看護師長や事務長に振ったり、お断りしたりします。

理事長や院長の判断に大きな影響を与える人も

その他、理事長や院長から指示を受けた伝達事項を担当者や関係者に周知したり。

旅券を押さえたり、贈答品を用意したり、予約を取ったり。

お客様にお茶を出したり、お礼をしたりします。

理事長や院長の秘書はストレスなく効率よく働けるように、いろいろな気配りや判断が出来る人が選ばれます。

よって、優秀な人が選ばれることが多いです。

そして、理事長や院長の一番近くで仕事をするので、認められて課長や係長へ昇進昇格するケースが多いです。

 

 

理事長や院長から信頼されれば、病院内でかなりの影響力を持つことも出来ます。

私の知り合いが勤める病院では、課長職の秘書がいます。

入社してトントン拍子で昇格していきました。

秘書が報告していることが、理事長や院長の判断になっているような笑えない話もあります。

よって、秘書の前で、理事長や院長の悪口をいうような脇の甘い行為や自殺行為はやめたほうがいいと思います。

よって秘書業務は、病院の事務の仕事の中では、やりがいのある仕事の一つだと言えますし、理事長や院長に気に入られる仕事が出来たら出世できる面白い仕事の一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA