家を安い価格や坪単価で購入する方法

Elite Planner2019 仕事が出来るビジネスマンのオススメ手帳

Elite Planner2019

毎年10月の後半から11月の後半にかけて手帳を買うビジネスマンは多いのではないでしょうか。

私も毎年この時期に翌年の手帳を購入します。

なぜこの時期になるのかと言うとこの時期になると翌年の1月の予定がちらほら入ってくるからです。

なので、この時期に来年(2019年)の手帳がないと予定が書き込めないので、メモとかに書いて保管が必要になります。

毎年10月の後半から11月の後半にかけて手帳を買う

メモなのでどこかにしまいこんだり、なくしてしまったりすると予定が分からなくなるので大変です。

約束を破ってしまうと信用がなくなってしまうので仕事が出来るビジネスマン失格です。

そうならないために仕事が出来るビジネスマンは早めに翌年の手帳を購入します。

Elite Planner2019

私が毎年購入し、今年も購入した手帳はElite Planner2019です。

いつも本屋で購入するのですが、人気ナンバーワンの手帳と紹介されています。

私もこのElite Planner2019にたどり着くまではいろいろな手帳を試しましたが、一番Elite Planner2019が使いやすかったです。

Elite Planner2019のどこが使いやすかったのか説明します。

Elite Planner2019は人気ナンバーワンの手帳

まず、一つ目がカレンダーが去年と翌年の3年間あることです。

Elite Planner2019カレンダー

前の年どうだったかなとか、翌年はどうなんだろうとたまに確認が必要なときがあって、その時に便利だなと感じます。

二つ目が1ヶ月の大まかな予定を1ページに書き込めることです。

Elite Planner20191か月予定表

大きな予定をこのページに書き込んでおけば一目で確認することが出来ます。

三つ目が各日ごととの予定を書き込むスペースが大きいことです。

Elite Planner2019日の予定

2ページで1週間のスケジュールを書けるのですが、土日が小さく平日が大きいので、私のように土日祝祭日休みの人は有効にスペースを活用することが出来ます。

今まで10年ぐらいこの手帳を使ってきましたが、1日の予定が書き込めなかったことはありませんでした。

四つ目は、ノートとして使えるスペースがあることです。

Elite Planner2019ノート

会議や研修に行ったときのメモがわりに使えます。

五つ目が年齢早見表がついていることです。

心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくりは各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報やオリジナル間取りの提案も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。


Elite Planner2019は仕事が出来るビジネスマンのオススメ手帳

私は総務や人事関係の仕事をしているので西暦や年号から年齢を確認したり、西暦や年号を変換したりすることがたまにあるのですが、この年齢早見表があるのでスムーズに仕事が完了します。

そして、最後が日本全国のJRや地下鉄の路線図や地図がついていることです。

これは出張などに行くときに目的地までののりかえなどを考えるのに便利です。

以上がElite Planner2019の便利なところです。

2019年もElite Planner2019を使って活躍していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA