家を安い価格や坪単価で購入する方法

歯を残したい治療は口腔外科ではなく歯周科の歯科医師に

歯が痛んだりしみたりして我慢できなくなった場合にほとんどの人が歯医者に行くと思うのですが、行く歯科クリニックによって治療方針や方法が異なるってことを皆さん知っていますか?

知らないですよね。

私もある歯科医師にこの話を聞くまで知りませんでした。

歯科クリニックによって治療方針や方法が異なる

どういうことか簡単に説明すると行く歯科のクリニックによって歯を抜かれる治療になったり削って埋める治療になったり、治療方法が異なるのです。

抜かなくてもいい歯を抜くなんて嫌な人が多いのではないかと思います。

しかし、現実にはそういうことが起こっているのです。

えっ、虫歯などの状態は同じなのになぜそんなことになるの?

と驚かれる人も多いでしょうが、なぜそうなるのかと言うと同じ歯科医師と言っても口腔外科と歯周科の科が異なる歯科医師がいるからです。

これは病院の医師の外科と内科ぐらい違います。

病気が分かると外科の医師は手術で悪い部分を切り取りがちですし、内科の医師は服薬治療などで病気を治そうとしがちです。

口腔外科と歯周科の科が異なる歯科医師がいる

よって、歯科の場合であれば、口腔外科であれば歯を抜く選択をしがちですし、歯周科であれば歯をそのまま残し補修して使っていこうとしがちです。

そして、歯科の場合は、歯を抜いた方が点数が高く儲かるのです。

よって、抜かない治療方法があるのにも関わらず儲けのために歯を抜こうとするのです。

(すべての歯科医師がと言うわけではありませんし、本当に抜かなければならないケースもたくさんありますが、そういう傾向にあるのは間違いないです。)

これは私が実際に経験した話ですが、私の奥歯には親知らずがあります。

歯のメンテナンスのために歯周科の歯科医師に見てもらったときは、親知らずは虫歯になりやすいのですが今のところ問題ないですし、真っ直ぐに生えているので問題ありません。

そのまま、残しておけば将来他の歯がなくなったときに使える可能性がありますのでできる限り良い状態で残しておきましょうといってくれました。

心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくりは各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報やオリジナル間取りの提案も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。


歯を残したい治療は歯周科の歯科医師に

そして、その数ヵ月後、歯茎がしみるので口腔外科の歯科クリニックに言ったところ、この親知らずは虫歯でもなんでもないのに、邪魔ですね。

これはいらないです。

抜いた方がいいのになと治療にいくたびにいってくるのです。

私がそうなんですね。

要らないんですかと一言でも言おうものなら、おそらく速攻で親知らずを4本とも抜かれてしまうはずです。

いやいや、虫歯もない真っ直ぐに生えたら健康な歯を抜こうなんてふざけるなと思いましたが、これは実際にあったエピソードです。

なので、無駄に歯を抜かれたくない人は口腔外科ではなく歯周科の歯科医師が経営するもしくは勤務している歯科医院にいって診察してもらいましょう。

どうやって、歯周科や口腔外科かを見極めるのかというと、その歯科クリニックなどのホームページを見ると大抵、どこどこの歯科大学何科を卒業しましたと紹介しています。

紹介していない歯科医院やクリニックもありますが、そこは飛ばして、歯周科を卒業した歯科医師が治療してくれる歯科医院やクリニックを選べばいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA