家を安い価格や坪単価で購入する方法

インドネシアのジャカルタやメダンの治安は安全か悪いのか

治安がいいのか悪いのか?

安全なのかどうなのか?

インドネシアのジャカルタに出張することになったので、本屋で情報収集をするためにるるぶを探そうとしましたが、見つかりませんでした。

しょうがないので、インターネット等で情報を調べるとインドネシアの治安があまりよくないことがわかりました。

まず、外務省の海外安全ホームページを見ると、インドネシアの首都ジャカルタとバリ島を含むのすべての地域で渡航中、十分注意してください.と発令されていました。

 

 

これは、当該国への渡航や滞在にあたって、特別な注意が必要であることを示し、危険を避けるように勧めるものでした。

インドネシアでは、ジャカルタやバリ島で2002年から4年連続して、大規模な自爆テロが発生し、2009年7月にもジャカルタで発生しました。

その後テロの実行能力は、低下したものの、大小様々なデモ活動が発生する可能性がありますので、引き続き注意することが必要だということです。

インドネシアのジャカルタやメダンの治安が心配

それと、バス内での集団スリやホテルのロビーやレストランでの置き引きや路上での置き引きが後を絶たないので、自分の身は自分で守るという最小限の注意を行い、事件や事故のリスクを減らすことが必要です。

車道側の手でカバンを持たないとか。

財布をお尻のポケットに入れないとか。

(財布をお尻のポケットに入れて大丈夫なのは日本ぐらいかもしれません。

外国に行ったときはツアーコンダクターに大抵財布をお尻のポケットに入れると危険だと注意されます。)

分厚い財布やブランド品を持ち歩かないとか。

綺麗な格好で出歩かない等の注意が必要です。

今回、EPAのインドネシア人看護師候補者の現地説明会のために出張で行くことになりましたが、インターネットで調べる限り治安があまりよろしくないので、正直な話行きたくなくなってきました。

メダンは、インドネシアでも一番治安が悪いと言われているようです。

人が多く集まる大型商業施設がある地域では、強盗や窃盗事件が多発しているようです。

最近では、暴走族と呼ばれる若者の集団による強盗窃盗事件が多発しています。

これらの事件は、夜間に多く発生しているので、夜間の外出は注意したほうが良いようです。

強盗や窃盗事件に不幸にも出くわした時には、抵抗せずに金品を渡した方が良いようです。

抵抗すると車で引きずられたり、すぐに刃物を出して刺される恐れがあります。

一番大事なのは金品よりも命なので、この点はしっかり頭に入れておいたほうが良いでしょう。

私も空手を14年やっているので、とっさに体が動いてしまわないか心配ですが、よほどヤバイと思わない時には、絶対に抵抗しないで金品を渡そうと思っています。

デモや暴動テロの危険もあるようです。

ジャカルタよりメダンの方が治安が悪い

外出前には、デモの情報収集やショッピングモールやナイトクラブやホテルや宗教施設等多数の人が集まる場所は、テロの標的になる恐れがあるので、近寄らないことが必要だそうです。

平成26年度からメダンでもEPAのインドネシア人看護師候補者の現地説明会をすることになったようですが、なんでこんな危険な場所でやることにしたんだと首をかしげたくなります。

ジャカルタ以上に行きたくないと思っているので、旅行会社に安全性を確認して問題があるようであればメダンに行くのはやめにします。

結局、メダンの方は参加者も少ないようで、わざわざリスクを冒して行く必要がない感じでしたので、ジャカルタのみにしました。

2泊4日の出張となりましたが、結局、危険を感じた瞬間はありませんでした。

空き時間に一人でタクシーに乗って、ショッピングセンターに行って、お土産を購入したり、食事をしたり楽しんできました。

空港からホテルまでの1時間以上のタクシーも行きは明るい陽気なドライバーが英語で話しかけてくれて、私もつたない英語で返して楽しく過ごすことができました。

本当にいい人だと感じました。

ただ、日本と比べて運転マナーの悪さは半端ではなかったです。

車間距離はほぼ0。

強引な割り込みは当たり前。

車道じゃない道路の端を普通に走る。

挙句の果てはバイクがぶつかっても運転しながらの言い合いになってそのまま逃げる。

事故が多そうなので、身を守るためにシートベルトの着用は絶対に必要だと思いました。

通訳の人は日本の大学への留学経験もあり、日本人の文化もよく理解していて、親切でした。

心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくりは各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報やオリジナル間取りの提案も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。


私が接したインドネシア人はいい人が多かった

仕事が終わった後も私がデパートに行くためにホテルの従業員に伝えていたのですが、全く言葉が通じず困っていたところをこの通訳の人が助けてくれました。

本当にありがたかったです。

ホテルでも従業員が笑顔で話しかけてくれましたのでいい人だと思いましたし、実際に日本に来たEPA外国人看護師候補者の人は日本人より良く働きますし、物腰やわらかくいつも笑顔で親切です。

 

 

なので、これは日本と同じだと思うのですが、いい人もいるし悪い人もいる。

そんな感じです。

料理も美味しかったし、今ではインドネシア出張は楽しい思い出です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA