家を安い価格や坪単価で購入する方法

医師が就職や転職で満足できるホワイトな病院の探し方

医師が就職や転職で満足できるホワイトな病院の探し方を紹介します。

世間では働き方改革とか言われて、従業員が疲弊しない働き方を推進する風潮になってきていますが、医師はその風潮から取り残されています。

医師は、医療業界の暗黙のルールで、労働基準法や三六協定に該当しない職種として扱われてきました。

確かに病院によっては、初任給の年収が1000万円を越えて、勤務医でも年収2000万円越えも当たり前のように支払われる職種ですし、病院内では、看護師や薬剤師や看護職やリハビリ職等の大半の職種が医師の指示や命令で働いていますので、管理職として扱われても致し方ない面があります。

 

 

しかしながら、就職や転職するときに働く病院を間違ってしまうと、当直と称した夜勤をやらされたり、深夜までのサービス残業を強要されたりして、最悪、激務で精神的に追い込まれて、自殺や過労死といたたまれない残念な結果に終わってしまうケースも多いようです。

そして、そこまでいかなくても激務で慢性的にストレスを抱えた医師はたくさんいます。

ですので、ストレスのない満足できる病院で働きたいと考える医師は多いのではないでしょうか?

ストレスのない満足できる病院で働きたいと考える医師は多い

その医師のニーズに応えるためにこのページを作ったのですが、はっきり言って満足できる病院に就職や転職することは非常に簡単なことです。

なぜならば、医師免許にそれだけの価値があるからです。

世の中には、医師の確保に困っている病院が山ほどありますし、出来る限り医師がストレスなく快適に働けるようにシステム作りをしている病院もたくさんあります。

ストレスや不満があるのであれば、そういう病院に転職すればいいだけです。

では、満足できる病院に転職するためにどのように就職活動をすればいいのかと言うと、信頼のおける医師の転職エージェントに登録して、転職活動をすればいいのです。

そして、転職エージェントに登録したら、まず、その担当者に転職先の病院で希望する条件を詳しく伝えます。

給与や年収は、最低いくらぐらい欲しいのか?

自分がしたい診療科目や治療はどういうものなのか?

都会で働きたいのか?

地方で働きたいのか?

日本全国どこでもいいのか?

勤務日数や時間、当直や夜勤に関する希望を伝えます。

そして更に、最優先事項がこの中でなんなのかを伝えます。

とにかく、激務でも何でもいいからお金が欲しい人はお金と。

年収は少々少くても、休みが多く残業がない病院が良ければ時間と。

学びたい技術があれば技術と。

和気あいあいとした病院が良いのであれば人間関係と。

そのように伝えるとその条件にマッチした病院を全国各地から探しだして紹介してくれます。

(これは民間医局の営業の方から聞いたエピソードですが、民間医局から紹介された医師が3年間ある病院で働いて退職することになりました。

退職したい理由が、嫌いな医師が一人いたのですが、その医師を退職させて下さい。

医師やドクターの転職エージェントに希望する条件を伝える

そのこと以外に不満はないが、その医師を退職させてくれないのであれば、退職すると言うような感じでした。

※常識で考えたらひとりの従業員が嫌いという理由で、他の従業員を退職させることなんて出来ないと言うことが分かるはずなのですが、おそらく自分の価値を見誤っていたのだと思います。

社会人として常識がない人間だなと思いながらも、その病院の院長や事務長は先生のおかげで助かっていますので、そう言わずに辞めないでくださいよと言っていたようなのですが、嫌いな医師を退職させない病院の態度に我慢の限界が来たのか、最後までその医師がいなければ退職しないと言うことを訴えながら、辞めて行ったようです。

残念ながら誰もそんな自分勝手な都合で退職する医師を止めなかったようですが。

そしてどうせ辞めるので、紹介してくれた民間医局に恩を売っておこうと言うことで、その医師が当院を退職する事を情報提供して、民間医局がその医師にコンタクトを取ったようです。

その後のエピソードは、御院は、給与や年収の面、勤務地の面、病院の診療体制の面の全てにおいてその医師の希望を満たす条件であった。

もし、御院から転職するのであれば、この3つの条件から少なくとも一つ条件を妥協しなければならない。

給与を妥協すれば、住所地を変える事無く、転職できる病院がある。

勤務地を妥協すれば、県外に行くことになるが、年収や病院の診療体制は希望通りの病院を紹介できる。

そして、病院の診療体制がしっかりしていなくても良いのであれば、御院よりも年収が多く、住所地を変える事無く、転職できる病院がある。

結局、その医師は、その病院より年収が多く、住所地も変えることなく、医師や看護師等の給与や年収が全員入社時の交渉で異なる、毎年のように厚生局が毎年個別指導に入る診療体制がしっかりしていない病院に入社しました。



※心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくり は各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。

医師が就職や転職で満足できる病院の探し方

このように、紹介エージェントにしっかり希望を伝えることで、希望する条件通りの満足できる病院を紹介してくれます。)

ほんとに希望通りの病院を探してくれるのか半信半疑の医師もおられるでしょうが、信頼出来るエージェントは、本当に希望通りの病院を日本全国から探してきます。

なぜ、そういうことが出来るのかと言うと就職や転職を斡旋した医師から、入社後にアンケートを取って、病院の実情を情報収集しているからです。

人間関係やサービス残業有無や当直と称した夜勤の有無。

休日数や診療体制等の病院の内情を把握しているので、どの病院が医師の希望に合っているか正確にマッチングする事が出来ます。

 

 

そして、エージェントは医師に満足できる病院を紹介出来るか出来ないかで会社の業績が大きく左右されます。

出来なければ二度と利用してもらえなくなったり、口コミの評判が悪くなると利用する医師が少くなります。

そうなると、エージェントの立場からしたら死活問題です。

就職や転職で満足できるホワイトな病院を探すために

よって、エージェントは医師が満足できる病院に就職できるように必死に頑張ります。

ここまで、説明したら信頼のおける医師の転職エージェントに登録して就職活動をしたら、満足できる病院にめくり会える可能性が高くなるということが良く分かるはずです。

一つのエージェントで日本全国すべての病院の紹介は出来ないので、日本最大級の医師転職のエムスリーキャリアやエムステージや民間医局の医師求人情報やリクルートドクターズキャリアや医師転職ドットコムやマイナビDOCTORなど何社かに登録して就職活動をした方が、多くの選択肢の中から選べるので、満足できるホワイトな病院に巡り会える可能性が高くなります。

このブログやホームページを見た医師の皆様がブラックな病院からホワイトな病院に就職できることを心からお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA