家を安い価格や坪単価で購入する方法

医師の求人に対する応募者や内定受諾者を増やす方法

医師が病院に就職転職する上で重要視する選ぶポイントを理解して、給与や年収を近隣の医療機関に負けないように増やしたり、年間休日数を増やしたり、年次有給休暇の取得率を高めたり、残業やサービス残業をなくしたりして、医師に選ばれる体制を整えたら次は、医師の求人に対する応募者を増やすことや内定受諾者を増やすことに力を注ぎます。

まず、医師の求人に対する応募者を増やす為に何をすればいいかということですが、病院の良さを伝える事が必要になります。

 

 

そのためにはまず、病院のホームページの医師の求人欄や研修体制や理事長や院長や副院長や診療部長等の管理職だけでなく、医師の紹介のページを充実させます。

特に、在籍医師の紹介のページは顔写真入りで、笑顔の写真を利用した方が断然印象が良くなります。

病院のホームページの医師に関する情報欄を充実させる

それに加えて、インターネット上の医師の求人サイトも利用しましょう。

費用は年間50万円以上するので、決して安くはありませんが、転職を考える医師の96%がインターネット上の求人サイトを利用している事を考えると、逆に利用しないと採用できないということになりかねません。

常勤医師の採用に成功している医療機関の74%が、医師求人専用サイトで求人を行っている事実もあるので尚更です。

しかも、医師求人専用サイトに依頼するとプロのインタビューアーやライターが取材をして、医師の心にピンポイントで響く最適な文章を作ってPRしてくれるので、ますます、応募の可能性が高まります。

費用は高くなりますが、医師求人専用サイトはそれだけのメリットがあります。

そして、医師の紹介会社に病院のアピールポイントを理解してもらう事も必要です。

医師の紹介会社も自社で転職してもらいたいので、そのサービスを利用する医師に満足してもらえる病院を紹介しないと、利用してもらえませんし、リピーターになってくれません。

医師求人専用サイトや紹介会社を使う

そうなると商売としては成り立ちません。

よって、医師の紹介業者がこの病院は素晴らしい。

自分が医師だったら、絶対にここに就職したいと思う病院に優先的に紹介することになります。

ですので、医師の紹介業者の担当者に、病院のアピールポイントを理解してもらうことが非常に大切な事になります。

医師の雑務はその他の従業員がするので医師業務に特化出来たり、休みが多く有給休暇が全て取れたり、残業がほぼなかったり、給与や年収が高かったり、専門科の全ての症例が経験出来たりする事などが、その病院のアピールポイントになっていますので、医師の紹介業者にしっかり理解してもらっています。

そして、面接に来たときは、病院で一緒に働く、院長や副院長や診療部長や同僚となる医師と食事会のようなものを開催して、雑談するとその病院の医師の人間性がよく分かります。

心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくりは各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報やオリジナル間取りの提案も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。


求人に対する応募者や内定受諾者を増やす方法は

人間性が良く、気が合う医師がいたら、就職してくれる可能性がぐっと高まります。

しかしながら、自院の医師の人間性に自信がない場合は、逆効果になるのでやらない方が良いでしょう。

 

 

嫌な人とは誰も働きたいとは思いませんので。

そして、最後のこの部分が一番大切なのですが、就職転職してくれた医師が満足出来るように、嘘で塗り固めた情報で採用してはいけません。

もし、万が一そんなことをしてしまうと、特に紹介業者は、実際に就職転職した医師からアンケートを取って、その病院の実態をつかんでいます。

よって、そういう不誠実な病院には二度と医師を紹介してくれなくなるので、求人情報等は出来る限り正確に作成しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA