家を安い価格や坪単価で購入する方法

看護師求人への応募者や内定者を増やし辞退を減らす方法

病院の看護師の求人に対する応募者を増やし、内定に対する受諾者を増やし、辞退者を減らすために、看護師が転職するときにどのようなポイントで就職する病院を選んでいるかを知ることは、非常に大切な事になります。

まず、一番多いポイントが、病院までの通勤が便利だからです。

自宅から近かったり、公共交通機関のアクセスが便利等の理由で、就職する病院を選らんでいる人が多いということです。

 

 

次に多いのが、勤務時間や体制が自分の希望にあっていたという点です。

残業がほとんどないとか、夜勤がないとか、土日祝日休みとか、二交代とか、ライフスタイルに合う勤務が出来る病院を選ぶ人が多いと、言うことです。

看護師が転職や就職するときに病院を選ぶポイント

よって、一律に夜勤ありとするのではなく、日勤だけの勤務でも勤務表が作れる場合は、日勤だけの求人票を作ってみたり、二交代の勤務の希望者が多ければ、三交代から変更してみたり、ローテーション制の看護師よりも給与を引き下げた形で土日祝日休みの求人を作ってみたり改善することで、看護師の応募を増やすことが出来ます。

次に多いのが、給与や賞与が他の病院と比較して良いというポイントです。

やはり、その他の条件よりもとにかく出来るだけ多く給与や年収が欲しいと言う看護師もたくさんいますので、経費に余裕があるのであれば、給与を増やす検討も必要ですし、地域で他の病院と比較して、給与や年収の額がそのランキングの中で半分以下になるのであれば、半分以上に引き上げる程度の努力は必要不可欠です。

いくらその他の条件面を良くしても、給与や年収が地域内の他の病院と比較して真ん中以下の場合は、ほぼ看護師から見向きもしてもらえないので、改善が必要です。

(それに平均以下の給与や年収で採用できる看護師の能力やレベルも平均以下となります。

レベルの高いサービスを提供して、患者の評価や評判を高めるためには優秀な看護師を集めることが必要です。

よって、平均以下の給与や年収で採用できる看護師では、いいサービスは提供できませんし、評判が良くなるわけがありません。

そうなると患者も増えませんし、利益も増えません。)

次に多いポイントが休日や休暇がしっかりとれると言うことです。

やはり、プライベートを犠牲にしてまで仕事がしたいという人はほとんどいないのです。

よって年間休日数が多い病院の方が人気が高いですし、当然、有給休暇が取りやすい病院の方が人気が高いです。

研修と称した休日出勤もないほうがいいのです。

休みが少ない、勤務時間が長いなどの不満を抱えて退職する看護師は非常に多いです。

次に多いポイントが人間関係が良さそうという点です。

やはり、大半の看護師は長く勤めたいので、嫌な人がいない和気あいあいとした助け合える職場で就職したいと考えるようです。

よって、人間関係をかきみだす性格的な問題がある看護師は、どんどん辞めさせないといけないということです。

こういう看護師がいると口コミで悪評が広がり、求人に応募者が来なくなります。

看護師の求人に対する応募者を増やす方法

次に採用手段の検討についてですが、数年前と異なり看護師の就職や転職の手段が異なっています。

ハローワークが一番の手段であったものが、人材紹介会社に変わり、二番手が病院のホームページやインターネット広告に入れ替わっています。

よって、いつまでも昔ながらのやり方で、ハローワーク一辺倒での看護師の採用は難しくなっています。

看護師が人材紹介会社を利用する具体的な理由については、事前にしっかりとした情報が得られるとおもった。

職場の雰囲気や教育制度や給与など、ハローワークや自分では聞きにくい情報まで調べてもらうことが出来た。

知らない土地であるために自分で探すことが難しかった。

知らない病院でも、自分の希望する条件にあった病院を紹介してくれた。

転職にかける時間の短縮や労力の削減をしたかった。

事前の説明と違うことが多く、仲介をして自分の希望する条件にあった病院を紹介してほしかった。

等の理由があげられています。

これらの理由を知ったら、これからもどんどん、人材紹介を利用する病院が増えて来そうだと感じるので、多くの看護師に応募してもらう為には、人材紹介を利用して、その担当者に自分の病院の良さを知ってもらう事が必要だと言うことが分かると思います。

そしてそういう努力をすると共に、さらに大切なことは実際に勤務してからの評判が悪ければ、次から看護師を紹介してしてもらえなくなることです。

人材紹介からの就職で、伝えていたことと現実に大きなミスマッチがあり、その不満から早期退職するようなことになると、看護師からの信頼がなくなり、人材紹介サービスを利用してもらえなくなりますので、人材紹介会社も評判の良くない病院には看護師を紹介しなくなります。

(就職した看護師からの定期的に病院の印象を聞き取りしていますので、この評価が悪ければ本当に紹介してくれなくなります。)

よって、口先だけでなく、人材紹介に説明した印象と実際に働いた看護師の印象が同じになるように努力しなければなりません。



※心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくり は各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報やオリジナル間取りの提案も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。

看護師の内定受託者を増やし内定辞退者を減らす方法

二番手のホームページやインターネット広告を利用する理由としては、福利厚生や教育体制や給与等の情報を知りたいからということなので、そういう情報がホームページにないのであれば改善することで看護師の求人に対する応募者が増えます。

次に看護師の採用計画を立てる時期についてですが、転職する看護師の多くが4月入社を希望するので、前年の6月から7月頃から翌年の採用活動を開始しましょう。

急募なので3か月も待てないなんてことを言うと、看護師紹介エージェントを利用する看護師の大半は、就職内定が決まるまで勤務先に辞表を出していないので、なかなか紹介してもらえないような感じになります。

(優秀な看護師ほどその傾向があります。

後先を考えて安全に行動するので当たり前といえば当たり前ですが。

よって、出来るだけ早く入社したいというような看護師は計画性などがないので、優秀でない可能性が高いです。)

少なくとも3,4か月先に入社できる看護師を紹介してもらう感覚で依頼しましょう。

 

 

内定を出す前後や出した後に気を付けるべき点についてですが、病院の看護部と事務部の連携がうまくいかないケースがあります。

人材紹介から書類選考や面接の依頼が来ているのに、事務部の意思決定が後回しになって、応募辞退になるようなケースも多いので、そんな勿体無いような事をしないように速やかな対応を心がけましょう。

そして、最後が内定者に対するフォローです。

いいと思った看護師に対しては、出来るだけ早く採用の結果を伝え、一緒に働ける事を楽しみにしていますと言うような感じで歓迎の気持ちを伝えましょう。

このように対応することで内定辞退の可能性が大幅に減ります。

以上が、看護師求人への応募者や内定者を増やし辞退を減らす方法です。

病院などの看護師の採用に役立てていただけば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA