家を安い価格や坪単価で購入する方法

YUNTENG 軽量で1台3役ワイヤレス自撮り棒(セルカ棒)

自撮り棒 箱

先日、春休みという事もあって家族旅行に行ってきました。

せっかくなので家族写真を撮りたいけれど、家族全員でとるのは人に頼むか自撮り棒か・・・。

使いやすい自撮り棒が欲しいとおもって、これを機に買う事にしました。

自撮り棒(セルカ棒)の機能

自撮り棒を選ぶときに、どんな機能があればいいのか。

調べてみると、今はただ携帯を挟んで伸ばすだけじゃない、いろいろな機能がありました。

ワイヤレスリモコン機能

私は、セルフタイマーにして伸ばしてパシャリと思っていたら(古すぎ(笑))、今はBluetoothで携帯と連動させて、遠隔操作ができるリモコン付きが主流でした。

(対応機種に注意)

三脚にもなる

伸ばして手で持って自撮りするだけではなく、三脚としても使えるものもあります。

携帯性

使わない時にどれだけコンパクトに収納できるか、持ち運ぶのに軽いものがいい。

一台3役は、①自撮り棒(セルカ棒)として②三脚として③リモコンによる遠隔撮影として、という事です。

私が選んだ自撮り棒(セルカ棒)

いろいろな機能や、価格を考慮して私が選んだものはこちらです。

 

 

YUNTENG自撮り棒自撮り棒 Bluetooth セルカ棒 長い 軽量 無線 三脚 / 一脚兼用 360度回転 7段階伸縮設計 最大113cmまで伸長が可能 シャッターボタン付 リモコン付 持ち運びに便利 iPhoneXS max iPhoneX iPhone8 iPhone7/6/6s plus iPhone / Android スマホ等対応

価格

価格2,380円 (税込)(送料込)

自撮り棒 箱

YUNTENGの自撮り棒

YUNTENG自撮り棒 箱裏

7段階伸縮設計、三脚になる、Bluetoothリモコン付です。

YUNTENG 箱の中身

箱の中に入っているものは、自撮り棒本体・収納袋・リモコン充電用ケーブル・取扱説明書です。

取扱説明書

YUNTENG 自撮り棒説明書1

取扱説明書は、ちゃんと日本語表記があります。

YUNTENG 自撮り棒取扱説明書2

仕様スペック

最大の長さは、1130mm。

縮めたときは230mm。

重さは、190g。

簡単に言うと、持ち運びはコンパクトになって軽いし、使うときはかなり伸ばせる!

YUNTENG 自撮り棒説明書3

YUNTENG自撮り棒説明書4

使い方も書いてくれています。



※心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくり は各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。

実際にYUNTENG自撮り棒を使ってみて

YUNTENG自撮り棒 伸ばしてみたら

かなり伸びます!

軽いので、伸ばしても持ちやすいです。

リモコンがあるので、何枚か続けてシャッターを押すことが出来ます。

YUNTENG自撮り棒 使う

スマホを挟んで使うので、縦でも横でも使うことが出来ます。

ハウステンボスと宮島で使ってみる

ハウステンボスでYUNTENG自撮り棒

しっかり挟んでつまみを回して締めておかないと、スマホが落ちてしまうので注意です。

YUNTENG自撮り棒 三脚として

三脚として使うのも簡単です足の部分を広げるだけ。

真ん中の支柱部分も足として使えるので安定しています。

三脚の足の部分には、滑り止めがついているのでしっかり立たすことが出来ます。

宮島でYUNTENG自撮り棒

そして、画面を確認しながらリモコンでシャッターを押します。

毎年、年賀状は家族5人の写真を使っているのでこれがあればいい写真がたくさん撮れそうです!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA