家を安い価格や坪単価で購入する方法

レオハウスで建てる家やマイホームの坪単価や予算

マイホームや家や自宅や住宅を購入するときに、大半の方が頭金(現金や預金や貯金や親からの贈与等)や銀行等から借り入れる住宅ローンやフラット35の借り入れ限度額の合計額を予算として考えて、マイホームを建てる土地(宅地や敷地)やレオハウス等の住宅メーカーや工務店から購入する住宅、外構工事、家電製品、家具、カーテン類等家族が生活する為に必要な土地建物設備備品等の合計金額が予算内に納まるように計画します。

よって大まかなざっくりとした金額でもよいので、ある程度目安となる坪単価や価格が分からないと、マイホームや家を購入するための計画設計が出来ないということになります。

このページではレオハウスで家やマイホームを購入する場合の、概算予算の計算方法を紹介します。

 

 

では、それぞれの目安となる坪単価や価格を調べるためにどうすればいいのかと言うと、土地や宅地はインターネットや不動産屋で不動産情報を見れば値切り値引き値下げ交渉前の販売希望価格が分かりますし、家電製品や家具、カーテン等についてもホームセンターや大手家電量販店等にいけば分かります。

(外構工事についてはどこまでやるかによって価格が大幅に変わってくるので、自分の希望をホームセンター等のエクステリア工事業者に伝えて見積書を出してもらいましょう。

大まかに説明したら直ぐに見積書を作ってくれます。)

レオハウスで建てる家やマイホームの坪単価や予算を

では、家やマイホームや住宅はどうすれば分かるのでしょうか?

新聞の折り込みチラシやCMで低価格を売りにしている、タマホーム(大安心の家)やレオハウス(大人気の家23.8万円・ソーラー付き27.8万円)やアキュラホーム(木の家)等は坪単価20万円台を大々的にアピールしているので、この様なローコスト低価格住宅メーカーで家を建てようと思っている方は、単純にその価格×自分が欲しいと思う坪数で予算(住宅価格)をはじき出しているのではないでしょうか?

私はレオハウスでカナディアンソーラー太陽光発電システム付きの家を建てましたので、単純にこの公式に当てはめて計算すると42.4坪×27.8万円=11,787,200円になります。

かなり安いなと思いますが、私がこんなに安く住宅を購入することができたのかと言うと答えはノーです。

私がレオハウスで住宅やマイホームを購入するためにかかった総費用は19,964,067円なので、これを坪数42.4坪で割ると47万円の坪単価がはじき出されます。

長期優良住宅にしましたし、オプション工事を追加しましたので、標準価格以外にも余分な費用が発生しましたが、それでも坪単価でいうと3万円程度増えた程度です。

と言うことは、レオハウスで自宅を建てるときに、標準工事以外のオプション工事を追加しなくても最低坪単価44万円程度は住宅購入に必要な資金になります。

(太陽光発電を除くと40万円程度)

心から満足できる家作りの為に
心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくりは各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報やオリジナル間取りの提案も入手できますので、心から満足できる家つくりに役立ててください。
 

私が建てたレオハウスの家やマイホームは坪単価47万円

よって、マイホームや自宅購入のための予算を立てるときには、住宅メーカーがアピールしている坪単価や価格をそのまま受け取るのではなく、総額で必要な費用を調べることが必要になってきます。

 

 

インターネット上の情報で実際に建てた方の意見を参考にするのも良いですし、自分が気になる住宅メーカーに行って見積書

(40坪ぐらいの家を建てたいのであれば40坪で依頼します。)

を出してもらうのも良いと思います。

そうすれば家やマイホームを購入するために必要な大まかな予算が分かります。

予算が分からないとどの程度の大きさの家やマイホームにするとか設備はどうするか等の計画を具体的に決めていけないので、無理のない安全な計画を立てて、マイホームや家つくりをしていきたい方は、まずは、予算を立てるところから始めましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA