家を安い価格や坪単価で購入する方法

レオハウスの優良住宅ローンフラット35のメリット

家や住宅やマイホームを購入するときに、ほとんどの方は銀行等金融機関からお金を借り入れるために、住宅ローンやフラット35を利用します。

(私もレオハウスで家を建てましたが、当然その支払い金額の大半を優良住宅ローンのフラット35からの借り入れました。)

そのときに多くの方が、給料や給与が振り込まれているメインバンクに相談して、希望する金額の借り入れが出来そうであればそのまま窓口で申し込み、住宅ローンやフラット35の商品を利用して、融資してもらったお金を使って、住宅メーカーにマイホームの購入代金を支払います。

 

 

給与振込みや公共料金の引き落とし等の取引をしている取引銀行で住宅ローン等を利用するほうが、貸出金利が低くなる金利優遇制度を利用できるので、その方法が間違っているわけではありません。

しかし、住宅を購入するときは借入額が大きくなるので、たった0.5%の金利差でも、金融機関に支払う金利の総額が大幅に大きくなります。

出来るだけ金利が低い住宅ローンやフラット35がお得

例えば3千万円借り入れた場合、たった0.5%の金利差でも、年間15万円も支払う金利の額に差が出てきます。

この差を住宅ローン完済まで合計すると、数百万円の差が生まれます。

この様にシュミレーションすると、住宅ローンやフラット35の借り入れ金利は低ければ低いほど総支払い負担額が少なくなってお得だ!!!

ということが分かります。

では、高金利で借り入れるのが損なので金利が安い金融機関はどこか?

と聞かれるとインターネットバンクや住宅ローン専用の融資会社という回答になります。

そういうことであれば、低金利で住宅ローンを貸し出してくれるので、そのインターネットバンク等を比較して一番低利の金融機関を利用すれば良いと思いがちですが、しかし、インターネットバンク等を利用した場合に一つ問題点やデメリットがあります。

それは、郵送等で書類のやり取りをするので地、元の金融機関を利用するように手取り足取り手続きの仕方を教えてくれません。

そうなるとほとんどの方が住宅ローンの融資を申し込むのが初めてだと思いますので、金利が安いのは分かっているけども手続きの自信がない!!!

という理由で、インターネットバンク等の利用に二の足を踏む方もたくさん出てきます。

(元銀行員である私も少しわずらわしいなと思っていました。)

レオハウスの優良住宅ローンフラット35のメリットは

では、金利が低くて手続きを手取り足取りやってくれる金融機関は?

というと、レオハウスでマイホームを購入するのであれば、レオハウスと提携している優良住宅ローンがそれに当たります。

タマホームやユニバーサルホームやアイフルホーム等他の住宅メーカーでも提携している住宅ローン会社があると思います。

 

 

この優良住宅ローンはフラット35専門のローン会社になりますが、私の場合、日本の国債が近い将来デフォルトしてハイパーインフレになったり、デフォルトしなくても長期金利が暴騰して、変動金利や短期の固定金利の住宅ローンだと金利高騰のリスクが高く住宅ローンの支払いが出来なくなって債務不履行する可能性が高くなると思っていましたので、全期間固定金利のフラット35を利用すると決めていました。

レオハウスでマイホームを購入する場合、優良住宅ローンのフラット35の申し込み等の大半の手続きをレオハウスの営業マンがやってくれますので、地元の銀行等金融機関に申し込む場合と同じように手取り足取り手続きの仕方を教えてくれますし、借り入れ金利も地元の金融機関より大抵低利で利用できます。

住宅ローンについては、金利が安いお得な住宅ローンの利用方法変動金利への住宅ローン借り換えは危険のカテゴリーで、私が実際に利用した優良住宅ローンのフラット35も含めて、住宅ローンについて分かり易く説明しています。

できる限り金利の安い住宅ローンで無駄な出費を省きたい方は、【住宅本舗】まずはシミュレーションからを利用しましょう。

一番低金利の住宅ローンに申し込むことが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA