家を安い価格や坪単価で購入する方法

カナディアンソーラーの価格や設置費用や補助金

太陽光発電

私が、レオハウスでカナディアンソーラーの太陽光発電システムを設置した大きな理由は何か?

その理由の一つに国や県庁や市町村や住宅メーカーである、レオハウスのカナディアンソーラー太陽光発電システム設置購入に対する補助金が利用できた。

そういう金銭的なメリットがあったという理由が挙げられます。

太陽光発電システムを導入したいと思っていても設置価格が高く、なかなか手を出しにくいと思います。

その費用面をこれらの補助金を利用することによって、太陽光発電システムの設置費の自己負担金を3分の2くらいに減らすことができます。

補助金を使うことで自己負担金を3分の2に

よってすべての補助金が利用できれば、カナディアンソーラーの太陽光発電システムを設置するときに、数十万円の補助金を受けることが可能です。

かなり金銭的な負担が減ります。

自己負担金が少なくなると、余剰電力を電力会社に売った売電収入で自己負担金の全額回収期間も大幅に縮まります。

私の場合は、自分なりにシュミレーションをして、7年間で自己負担金全額を回収できる予定です。

レオハウスの太陽光発電システム

よって、8年目以降の発電による売電収入は全て利益になります。

(これはこの当時の私のシュミレーションです。

実際のところは東北の震災による原子力発電所の停止で、電気料金の値上げがあり、思っていたよりも利益が少なくなっています。

具体的な売電収支実績は、カナディアンソーラー売電収支実績2018年から2019年カナディアンソーラー売電収支実績2012年から2017年のページで紹介しています。)

この様に太陽光発電システムの設置に対する補助金を利用するメリットは相当大きいので、太陽光発電システム購入を検討する場合は利用できる補助金をすべて調べた上で手続きを進めてください。

尚、カナディアンソーラー太陽光発電システムの設置に関する補助金は予算に限りがあるので、申込者が多いと予算オーバーで、利用できないことがあります。

よって、設置するタイミングも慎重に考えることが必要です。

(焦って買うと補助金が利用できない恐れがあります。)

私はレオハウスで、カナディアンソーラーの太陽光発電システムを設置しましたが、そのときの設置費と補助金の収支(自己負担金)は以下の通りです。

心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくりは各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報やオリジナル間取りの提案も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。
心から満足できる家作りの為に
心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくりは各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報やオリジナル間取りの提案も入手できますので、心から満足できる家つくりに役立ててください。

カナディアンソーラーの価格や設置費用

〇3.8kWのカナディアンソーラー太陽光発電システムの設置費

42坪×4万円=168万円

〇利用した補助金

国       3.8kW×4.8万円=18.24万円

県庁           ×  2万円= 7.6 万円

市役所          ×  3万円=11.4 万円

レオハウス       ×4.8万円=18.24万円

合計    55.48万円

168万円-55.48万円=112.52万円

この計算式から分かるように私が3.8kWのカナディアンソーラー太陽光発電システムを導入するのに必要であった自己負担金は112.52万円です。

こんなに安く購入できるなんて補助金はありがたいですね。

普段は感じない、国や県庁や市町村のありがたみが分かります。

日本ってなんていい国なんでしょうか。

素晴らしい。