家を安い価格や坪単価で購入する方法

住宅ローンの各銀行の金利や保証料比較のメリット

住宅ローンやマイホームローン、そしてフラット35の金利や保証料は、各銀行や各金融機関によってさまざまです。

銀行や金融機関ごとに異なります。

以前は、護送船団方式で、各銀行横並びで住宅ローンごとの金利差や内容の差はほとんどありませんでしたが、金融自由化のビックバンの後は、自由な競争市場により、優れた商品を提供したものが勝ち残る、資本主義の原理が導入されました。

よって、各銀行や金融機関は自行の住宅ローンを利用してもらうために、様々な工夫や他行より安い金利を設定しています。





よって、多くの人が給与振込みをしている、預金や貯金等の銀行口座を開設しているメインバンクや金融機関等で、住宅ローンやマイホームローンやフラット35を申し込んでいると思いますが、はっきり言ってもう少しよく検討した方が、得をする可能性が高いです。

確かに、預金や給与振込みや公共料金の引き落とし等、取引が多い銀行や金融機関で住宅ローンやマイホームローンを申し込むと金利優遇のサービスがあり、通常、借り入れるよりは低金利で住宅ローンやマイホームローンを利用出来ます。

ネット専業銀行や住宅ローン専門業者の金利が低い

しかし、最近ではネット専業銀行や住宅ローン専門業者の住宅ローンやマイホームローンの金利の方が低い場合が多いです。

そういう銀行の住宅ローンと比較して、金利が安い住宅ローンを選ばないと、無駄な金利を支払うことになるので損です。

次に、住宅ローンやマイホームローンのわずかな金利差が大きな負担につながることについて、下記に記載させていただきます。

借入金3000万円で借入期間が25年の住宅ローンの場合

2%の金利の場合、総支払額が3813万円になります。

3%の金利の場合、総支払額が4266万円になります。

2%の金利との支払額の差は453万円

4%の金利の場合、総支払額が4749万円になります。

2%の金利との支払額の差は936万円





5%の金利の場合、総支払額が5097万円になります。

2%の金利との支払額の差は1284万円

6%の金利の場合、総支払額が5796万円になります。

2%の金利との支払額の差は1983万円

心から満足できる家作りの為に
心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくりは各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報やオリジナル間取りの提案も入手できますので、心から満足できる家つくりに役立ててください。
 

住宅ローンの各銀行の金利や保証料を比較するメリット

このように、住宅ローンの借入金が3000万円だとすると、金利がたった1%の差だとしても総支払額が453万円も異なります。

高級車一台分の差になります。

この結果からも分かるように少々の金利差だから、メインバンクでいいやと安易に住宅ローンやフラット35を利用してしまうと、長い年月をかけて高級車が購入できる程の金利差が発生します。

そう考えると、安い金利の住宅ローンを利用して、高級車を購入したり、子供の学費や旅行等の娯楽に使う為に、金利を節約したほうが得だと言うことが分かります。

なるべく住宅ローンやフラット35の支払総額を少なくするために、各銀行や金融機関の住宅ローン金利、フラット35の金利をよく調べ、比較検討し、支払総額が少なくなる住宅ローンやフラット35を選択してください。

その他、レオハウス住宅価格の値引き値下げ交渉セコムの月額料金や工事価格や代金の値引き交渉住宅用土地や宅地の値切り方と値切り交渉引越し料金や代金を安く値切り値引き交渉術で、できる限り安い価格や料金でサービスを利用する方法を紹介しています。