家を安い価格や坪単価で購入する方法

インドネシア ジャカルタ メダンと日本間の旅費と通訳料金

インドネシアEPA外国人看護師候補者や介護福祉士候補者の受け入れ希望機関による、ジャカルタやメダンで行われる現地説明会に参加するための、旅費や通訳料金について参考になる情報を紹介します。

結局、メダンでのインドネシア人EPAの希望者が集まらなかったので、ジャカルタのみで現地合同説明会になりました。

 

 

メダンの治安に不安があったのでこれは救われました。

(私自身の中でという事です。)

まず、出発は関西国際空港からです。

ガルーダインドネシア航空でジャカルタとメダンへ

航空会社は、ガルーダインドネシア航空で、ディスカウントエコノミークラスの往復で128,600円。

関西国際空港施設使用料や燃油サーチャージや現地空港税が32,040円。

現地合同説明会の会場になるジャカルタALILAHOTELが1泊15,000円の2日で30,000円。

メダンのSATIKAPREMIEREが1泊13,000円。

それとジャカルタの通訳料が1日80,000円。

メダンの通訳料が1日100,000円。

ジャカルタ空港とホテルの往復送迎が18,000円。

メダン空港とホテルの往復送迎が60,000円です。

この合計が461,640円です。

結構費用がかかります。

通訳料金が高く50万円近くの費用が発生

旅行会社の人曰く、メダンの通訳の段取りが非常に難しかったようです。

よって、需要と供給のバランスで高くなったようです。

メダンの送迎料金も異常な高さです。

メダンへは実際に行っていないので、これが割安なのか割高なのか良く分かりません。

ジャカルタの送迎料金は、片道1時間ぐらいでしたので、日本のタクシーと同等の料金の様で、インドネシアの物価が安いことを考えると割高だと思います。

結局、インドネシアのメダン行きがなくなったので、ジャカルタのみの見積書を作り直すことにしました。

メダンの行きの場合、ジャカルタの現地説明会の日程に中一日移動日があったのですが、ジャカルタのみになったので、2日続けてジャカルタで現地説明会を行うことになりました。

よって、一日早く帰国できると思っていたら、関西国際空港とジャカルタの直行便は毎日なく、結局メダンに行った場合と帰国する日が変わらないということでした。

メダンからジャカルタに帰って、シンガポール経由だと一日早く帰って来れるということでしたが、そうなると安い旅費にするために行きと帰りの飛行機を同じにしないといけないようで、行きもシンガポール経由になるということでした。

右も左もわからない言葉も通じない海外で、乗り継ぎ時間が1時間程度で乗り継ぎの不安があることや帰りに3回も飛行機を乗り継いで帰ってくる体力的な不安と時間的な負担を考えると1日早く帰国できると言われても、よしそれでいこうという気持ちにはなれませんでした。

どうしようかいろいろ考えていたら、私の住む西日本の地方都市から3時間かけて関西国際空港まで行くよりも、飛行機で羽田空港まで行って、インドネシアのジャカルタに行くほうが早く効率的なのでは!!!

と考えました。

するとやはり非常に効率的にジャカルタに行って帰ってくることができます。

月曜日の朝、7時30分ころに地方空港を出発して木曜日の10時40分に地方空港に帰ってこれます。

シンガポール経由の場合は月曜日の朝5時30分頃のリムジンバスに乗って、関空へ出発してバスに乗って帰ってくるのが早くて木曜日の14時30分です。

関西国際空港からジャカルタへ直行する便の場合は、月曜日の朝7時30分にリムジンバスに乗って関空へ出発してバスに乗って帰ってくるのが金曜日の14時頃です。

明らかに羽田空港経由の方が効率よく行って帰ってくることができます。

そして代金も関西国際空港とさほど変わりません。

よって、羽田空港経由でジャカルタへ行くことにしました。



※心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくり は各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。

日本国内で飛行機を乗り継ぎ羽田空港からが旅費が安い

見積書は日本旅行と阪急阪神ビジネストラベルで、相見積もりを取ることにしました。

比較した結果阪急阪神ビジネストラベルが6万円ほど安かったので、阪急阪神ビジネストラベルで旅券を購入することにしました。

見積書の内訳は地方空港から羽田空港、ジャカルタのディスカウントエコノミークラス往復が89,500円。

羽田空港施設使用料や燃油サーチャージ料や現地空港税が35,750円。

ジャカルタホテルALILAHOTEL2泊が30,000円。

インドネシアジャカルタ通訳料金が2日間で160,000円。

 

 

ジャカルタ空港からホテルの往復の送迎が18,000円。

発券手数料が10,800円で合計344,050円でした。

ただ、日本旅行から相見積もりの提出が遅く、阪急阪神ビジネストラベルに対する発注が遅くなったので、最安値の料金クラスが満席になったために、この見積価格から2万円程度旅費が高くなってしまいました。

行くことが決まっているのであれば早めにチケットを押さえた方が良いようです。

それとインドネシアは、ビザが必要になるのでジャカルタ空港でビザ取得します。

その査証料が米ドルで35ドル、それとジャカルタから出国する際にチェックインカウンターで150,000ルピーの現地空港税が必要だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA