家を安い価格や坪単価で購入する方法

空手で強さを身に付けたら喧嘩でもやり過ぎず手加減できる

先日、中学校2年生の息子が喧嘩で相手にやられて口の中を切ったので至急学校に来てくださいと妻が呼び出されたようです。

で、よっぽど大ケガをしたのかと心配して妻が学校に行ったら、平気そうな顔をしている息子がいたそうです。

 

 

(なんしに来たんというような感じだったようです。)

そして、先生から話を聞くと相手がちょっかいを出してきて、息子がそれに対抗してお互いにイライラしていた。

息子が喧嘩で相手にやられて口の中を切ったので学校に呼び出された

そこは一旦治まったが、その後、相手が別の場所でいきなり鞄を息子の顔に当てて来て、その時に口の中を切ったようです。

その事について、学校の先生からも大変申し訳ありませんでしたとか、相手からもすみませんでしたと謝られたそうです。

息子も普通にケロッとしていますし、妻も全然問題ないですと先生に伝えて、自宅に帰ったあと、私に報告してくれたので、えー、あいつやられたら絶対にやり返すやつやろ。

ホンマに仕返しせずに我慢できたんかな?

ちょっとそれは信じれんわ。

と妻に言った後、息子に確認したらやっぱり思った通りに続きがあって、鞄を当てられたのは痛かったから、中段突きを軽く一発いれて、痛くないんじゃとなめた感じで言われたから、今度は強めに下段回し蹴りを入れたようです。

さすがにその攻撃は痛そうにして反撃してこなかったので、それ以上はやめたと言うことでした。そして、その事も先生に伝えたけども、相手が鞄で顔を叩いて怪我をしたことが問題だと言うことで息子が攻撃したことにたいしてはおとがめなしと言うことでした。

私としては、息子が仕返しをしないなんてあり得ないと思っていたのでやっぱりと言う感じでしたが、それでも息子は空手で強さを身につけたお陰で余裕のある人間になったなと思いました。

息子は小学校4年生から空手の大会で優勝しかしたことがなく、中学校2年生の時に優勝したのを入れて8大会連続優勝中です。

しかも、中学校に入ってからは2年連続1学年上の相手を倒してからの優勝です。

空手で強さを身に付けたら喧嘩でもやり過ぎず手加減できるのです

そんな息子が本気で攻撃したら相手に大ケガをさせる恐れがあるので、そういう心配をしていたのですが、息子いわく、痛くなかったら相手に叩かれても蹴られてもやり返さないし、相手が戦意喪失したらそれ以上はやり返さんのやと余裕の一言でした。

俺は小学校の頃はやられたら倍返ししていたが、中学生になって穏やかになったと言っていました。

 

 

本物の強さを身に付けたら喧嘩でもやり過ぎずに手加減できるいい例です。

やはり、突き抜けた強さを身に付けたら優しくなれるものですね。

この日ほどこの長男を小さい時から空手で強くなるように仕込んできてよかったと思ったことはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA