家を安い価格や坪単価で購入する方法

マイホームを安い価格や坪単価に値切る交渉術

ここまで宅地や土地の価格を値切る値引き値下げ交渉する方法について紹介してきました。

私の説明で、土地や宅地を売主や不動産業者の言い値の購入すると損だと言うことが分かったと思います。

このページでは土地や宅地だけでなくマイホームを安い価格や坪単価で購入する方法について紹介します。

マイホームは、大手住宅メーカーや地元工務店やハウスメーカー等、いろいろな会社や業者から購入することが出来ます。

そして、その基本となる価格、つまり坪単価はその会社ごとに違います。

同じ素材や機能であれば安い価格や坪単価の方が

ですので、マイホームを購入する人は、価格や坪単価が出来るだけ安いほうがいいのか?

それとも、ちょっと高くても機能的な方がいいのか?

それともお金には糸目をつけずに高級な素材を利用して、出来るだけオシャレな快適な設備をつけた方がいいのかによって、マイホームを購入する住宅メーカーや工務店やハウスメーカーが違ってきます。

ただ、同じ素材や機能のマイホームを購入するのであれば、ほとんどの方は出来るだけ安いほうがいいと思います。

ではどうすれば価格や坪単価が安くなるのか!!!

というと価格が値下げや値引きされるように、つまり値切る交渉をすればいいだけの話です。

相手に要求しなければ安くなりませんので、ダメで元々という感覚で攻める姿勢が必要です。

一番有効な交渉の方法は、他社の安い価格や坪単価の見積書を見せて、坪単価等価格を値下げしてくれないと他社でマイホームを購入すると駆け引きをする方法です。

自社よりも安い価格の見積書を見せられたら自社で購入してもらうために必死になって上司等と交渉して、できる限り値下げ値引きするための努力をしてくれます。

業者の担当者もマイホームを売ってなんぼですから。

マイホームの価格を値切る値下げ交渉術

少々安くなっても下請けの費用を下げるように交渉したり、材料を節約したり、工期を短くしたり等で十分採算が取れます。

そういうことが出来なくても1軒販売すると少なくとも数百万円の利益が出ます。

よって、マイホームの価格を値引きする余地は十分にあるのです。

ですので、出来るだけ多くの住宅メーカーや工務店の坪単価等価格の情報を集めると安い価格でマイホームを購入できる可能性が高くなります。

ただ、多くの情報を集めるために、1社1社会社を回って説明を受けていると1日に数社程度しか資料を集めれないので、情報を集めるだけで大変な労力と時間がかかります。

そんな面倒くさいことをしなくても多くの住宅メーカーや工務店やハウルメーカーから資料を集める方法があります。

その方法はこのページで紹介しているハウスメーカー・工務店の資料一括請求を利用することです。



※心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくり は各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報やオリジナル間取りの提案も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。

資料一括請求を利用して安くマイホームを手に入れよう

必要な情報を入力すると一括で無料で資料請求できますので、出来るだけ安くマイホームを購入するために是非このサービスをご利用ください。

 

 

それと私は、大手ローコスト住宅メーカーレオハウスでマイホームを購入しました。

レオハウス住宅価格の値引き値下げ交渉やオプションについてもこのブログで紹介しています。

興味がある方は、是非ご参考にしてください。