家を安い価格や坪単価で購入する方法

ローコスト住宅 一番低い金利で住宅ローンを借りる

レオハウスでの外構工事

ローコスト住宅をメーカーと交渉して、出来る限り安く契約できたからと言って安心してはいけません。

出来るだけ安いコストでマイホームを手に入れる為に、ローコスト住宅メーカーや低価格住宅の工務店との交渉だけでなく、その他にも交渉をしなければならない相手がいます。

その相手の代表格が、銀行などの金融機関になります。

金融機関は一昔前であれば、マイホームの住所地近くの銀行や農協や郵便局で住宅ローンを申し込む方法しかありませんでしたし、護送船団方式で金利も横並びで同じでしたが、最近では、ネット銀行や住宅ローン専門業者というようなものもできて、金利も自由に決めれるようになりましたので、マイホームを購入するときに利用する住宅ローンの選択肢が増えてきています。

安い金利で住宅ローンを借り入れることが出来るチャンスが

我々、お客様の選択肢が増えてきていると言うことは、金融機関から見るとライバルが増えると言うことであり、ライバル銀行に商品内容で負けないためにいろいろな企業努力をするので、住宅ローンを借りる側からすると一昔前よりも有利な条件、つまり安い金利で住宅ローンを借り入れることが出来るチャンスが増えてきていると言うことになります。

チャンスが増えているってどの程度なの?

たった1%金利が安くなったってたかが知れているてしょう。

レオハウス 男の子部屋カーテン

と言われる方もおられるとは思いますが、ローコスト住宅とはいえ金額的には非常に大きな買い物です。

おそらく一生に一度の大きな買い物になるはずです。

 

住宅ローンを安い金利で利用する為の武器

 

この大きな買い物をするために住宅ローンを利用するということは、銀行などの金融機関に一生に一度の大きな金利を支払うということを意味しますので、この1%の金利差をバカにしていたら、ローコストで満足できる家なんか絶対に建てられません。

はっきり、そう断言します。

ちなみにですが、土地と建物で4000万円の家を全ての住宅ローンで購入して、その返済が30年かかるとします。

その場合に、1%の金利差があった場合にどれだけ総金利の支払い額に差があるか、ぱっとわかる人は1%の金利差の重大さを良くわかっていると思います。

このページでは、大雑把に簡単にその1%の金利差を計算することにしますが、例えばある金融機関の住宅ローンは2%とある金融機関の住宅ローンは3%と金利差があったとします。

2%で住宅ローンを借り入れた場合の総金利支払い額(住宅ローンを完済するまでに支払う金利総額)は、4000万円×2%×30年÷2で大雑把に計算されます。

この計算式から導かれた金額が1200万円となります。

次に3%の場合は、4000万円×3%×30年÷2で計算されて1800万円になります。

1%の金利差(低い金利)で総支払額が600万円も違うとは

そして、2%の場合と3%の場合を比べると総額で600万円の差が生まれると言うことが分かります。

600万円は普通の人からしたら大金ですよね。

よって、住宅ローンの金利を出来るだけ低く契約することは、ローコスト住宅の値引き値下げ交渉をするよりも断然にお金を節約するために大切なことだと言うことが分かります。

なぜ、ローコスト住宅の値引き値下げ交渉よりも大切なのかというと、その理由は、ローコスト住宅メーカーとの値引き値下げ交渉に成功しても100万円も下がらないことが大半で、ほとんどが下がっても数十万円だからです。

よって、住宅ローンの金利を出来るだけ低い金利で利用する事がローコスト低価格でマイホームを手に入れる事に繋がります。

レオハウスのリビング

では、どうやって、一番金利の低い住宅ローンを探せば良いのかというと、まず、自分が給与振り込み等で利用している金融機関で、住宅ローンのシミュレーションを出してもらいます。

給与振り込みをしているといることは、いわゆるメインバンクであることを意味するのですが、その銀行との取引関係が深ければ深いほど住宅ローンの金利が安くなるルールがあるので、とりあえず、メインバンクから見積書になるシミュレーションを出してもらいます。

 

住宅ローンを安い金利で利用する為の武器

 

次に、ローコスト住宅メーカーと提携している住宅ローン専業業者などを紹介してもらいます。

住宅ローンに特化している業者なので、企業努力で住宅ローン金利を低く押さえているケースが多いです。

しかも、提携しているローコスト住宅メーカーが書類の申し込みや作成を手伝ってくれるので、銀行などと同じようなサポートをしているので手続きに不安がありません。

次に、ネット銀行などの金利が低い住宅ローンを探します。



※心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくり は各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。

ローコスト住宅 一番低い金利で住宅ローンを借りる方法

住宅ローン金利ランキングや住宅ローン最低金利などのキーワードで探すことが出来ます。

最後に、住宅ローンの一括申し込みなどのサービスを利用します。️

【住宅本舗】まずはシミュレーションからなどを利用すればいいのですが、このサービスのメリットは一括で各金融機関の住宅ローンに申し込めることです。

いくら低い金利の住宅ローンを見つけても、審査に通らなければその金融機関の住宅ローンを利用できません。

しかも、一社一社店舗に訪問して手続きするのは非常に手間がかかります。




そういう面倒な手間を省いて、一括で住宅ローンに申し込んでくれるので、あとは審査に通った金融機関の中から一番金利が低い住宅ローンを選べばいいだけなので、忙しい方も面倒くさがりの方も一番金利が低い住宅ローンを選ぶ事が出来ます。

便利なサービスなので、出来る限り金利の安い住宅ローンを簡単には探したい方は是非ご利用ください。

各銀行などの金融機関の住宅ローン選びは、ローコストでマイホームを手に入れる為に必要不可欠です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA