家を安い価格や坪単価で購入する方法

レオハウス住宅購入資金以外に必要な費用やお金

レオハウスのカーテン

レオハウスのマイホームや住宅や家の購入に当たって、レオハウスの住宅本体価格や坪単価に注目が行きやすいのですが、実はそれ以外にも必要な費用やお金がたくさんあります。

その事を知らずにレオハウスでマイホーム購入の計画を進めてしまうと、途中で挫折してしまったり、予算が足りなくなって家の間取りを小さく妥協する羽目になってしまいます。

 

 

私もかなり余裕をもって資金計画をしてお金を準備していたのですが、想定以上に住宅以外に必要な費用が必要で、資金が足りなくなりそうで焦りました。

そうならないためにレオハウスの住宅本体価格(住宅メーカーに支払う価格)以外に必要な資金や費用について説明します。

 

 

 

 

レオハウス住宅購入資金以外に必要な費用やお金

 

〇土地や宅地の購入資金

親から譲ってもらえる土地や宅地があれば必要ないのですが、ない方は自分で土地を購入しなければなりません。

土地や宅地は場所や広さによって価格が異なりますが、数百万円から数千万円かかります。

私の場合は1千万円超かかりました。

場所と広さを考えるとかなり安く買えたと思います。

少しでも安くできるように値下げ値切り交渉をして120万円安く購入することが出来ました。

その値下げ交渉については、住宅用宅地や土地の値切り方と値下げ交渉術で、実際に土地や宅地購入に必要であったお金については土地や宅地購入時に発生した費用や経費で、詳しく説明しています。

 

〇地盤改良工事や外構工事

地盤改良工事は必要ないときもありますが、必要な場合は数十万円から数百万円かかります。

外構工事は広さや物にもよりますが数百万円はかかります。私の場合も少々ゆるい地盤があったので地盤改良が必要でした。

地盤調査はしてみないと地盤改良がいるかどうかは分からないのでかけのようなものですね。

 

〇借入諸費用

住宅ローンやフラット35を利用しない場合は必要ないですが、利用する場合は保険料や保証料、手数料、印紙代等で数十万円かかります。

詳しくは、優良住宅ローンフラット35つなぎ融資や本融資手数料のページで紹介しています。

【住宅本舗】まずはシミュレーションからでネット系金融機関から一番金利が有利な住宅ローンを探せます。

メインバンクやハウスメーカーが紹介してくれるローン業者で審査が通った住宅ローンの金利と比較することによって一番金利が安い住宅ローンが利用できます。

金利が高い住宅ローンを利用することははっきり言って損です。

一番金利が低い住宅ローンを探してお得にマイホームを手に入れましょう。

 

 

 

〇その他費用

エアコンやレオハウスのオプションカーテンスイッチやクロスやコンセント外構工事、照明器具、家具、火災保険料等数百万円かかります。

レオハウスのカーテン

引越し料金については、アート引越センターの見積価格や料金と口コミで紹介しています。

このように住宅購入資金以外にかかる費用が大きいので住宅購入を検討するときは想定外がない様にじっくり計画を立てて無理のない資金計画を立ててください。

私の場合もざっくりな数字ですが、600万円ぐらい必要でした。

正直私もこんなに必要だとは思っていませんでしたので、かなり余裕があると思っていた自己資金がぎりぎりになり、足りなくなるかもしれないと焦ってしまいました。

詳しくは、このブログの別のカテゴリーで紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA