家を安い価格や坪単価で購入する方法

優良住宅ローンフラット35つなぎ融資や本融資手数料

私はレオハウス経由で優良住宅ローンのフラット35を利用しましたが、つなぎ融資や本融資に手数料が必要でした。

住宅ローンやフラット35を利用したときに、借り入れ金額の全てを住宅や土地購入資金に回せると思いがちですが、こういう手数料が発生するので全くそうではありません。

つなぎ融資にかかる手数料や利息や保険や最終の融資にかかる保険や手数料等が必要になってきます。





当然その部分は差し引かれて、自分の銀行口座に振り込まれたり、住宅メーカーに直接振り込むことになるので、その足らず部分は自分自身で用意するなり、余分に住宅ローンの総額を増やすことが必要になってきます。

住宅ローンにはつなぎ融資や本融資手数料が必要

ここでは、2800万円のフラット35

(ローコスト住宅メーカーレオハウスの仲介で、優良住宅ローンのフラット35を利用しました。)

を利用した私が、実際にどれだけの費用がかかったか紹介します。

是非、住宅ローンやフラット35の借り入れ総額を決定するときの参考にしてください。

 

1、住宅購入資金  10,000,000円の借り入れに対して

貸出し利息       85,237円

融資手数料       52,500円

融資保険料       36,000円

合計        173,737円

2、住宅着工時の支払い  5,600000円の借り入れに対して

貸出し利息       35,112円

融資手数料       52、500円

融資保険料       20,160円

合計         107,772円

3、中間支払い     5,600、000円の借り入れに対して

貸出し利息       16,084円

融資手数料       52,500円

融資保険料       20,160円

合計         88,744円

4、つなぎ融資を清算し、28,000,000円のローンを実行するときに

融資手数料      140,000円

団信保険特約料   153,100円

合計         293,100円




心から満足できる家作りの為に
心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくりは各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報やオリジナル間取りの提案も入手できますので、心から満足できる家つくりに役立ててください。
 

優良住宅ローンフラット35利用の手数料等の合計

かかった費用、つまりつなぎ融資や本融資手数料等を合計すると、663,353円になります。

フラット35を利用するだけでこれだけの費用が差し引かれます。

知らないと困ることになるので、ゆとりのある資金を確保するために、その部分を頭に入れた上で融資総額を検討してください。

このレオハウスライフでは、土地の購入に必要な費用や、レオハウスでのマイホーム購入に必要な費用レオハウスでのマイホーム以外に必要な費用について紹介しています。

みなさんの夢の快適なマイホーム実現にお役立てください。