家を安い価格や坪単価で購入する方法

借り換え検討前に住宅ローンやフラット35の金利交渉

住宅ローンを借り入れてからの数年間は、優遇金利が適用されるので、安い金利で利用できることが多いのです。

しかし、この金利優遇期間が終了すると、当たり前のことですが通常の金利が適用されます。

各銀行等の金融機関は安定した利益が見込めるので、住宅ローン利用者を新規や借り換えで獲得するために、新規や借り換え時の住宅ローン金利を低く設定しています。





金利が低くなれば条件のいい銀行等の金融機関の住宅ローンに借り換えて、その分、金利負担が少なくなり、子供の養育費や生活費にまわせるお金が増えて、生活がしやすくなるのですが、少し難点なのが、手続きに手間がかかることです。

それと住宅ローンの借り換えと言えども新規で住宅ローンを組む事になるので、その他手数料等の諸費用が発生することです。

銀行で金利引き下げの交渉をする

このページではこれらの負担が全くかからない、新しい金利の引き下げ方法を紹介します。

具体的にどうすればいいのかというと非常に簡単な手続きです。

現在取引している金融機関にいって、金利の引き下げ交渉をすればいいのです。

ただ単に金利を下げてよ!!!

と交渉してもなかなか取り合ってもらえないと思いますので、他行の窓口にいって、住宅ローンの借り換えシュミレーションをしてもらい、その資料をもって借り換えを検討しているんだけど、金利を下げてもらえませんか?

(現在利用している銀行よりも、金利が高い住宅ローンのシュミレーションを持って行っても意味がありません。

安い金利の資料を持って行って、他行への借り換えをにおわすことで、銀行が前向きに住宅ローン金利の引き下げを検討してくれます。)

と一言言えば大抵の銀行は他行に借り換えられたくないので、金利引き下げの交渉に応じてくれるはずです。

それはなぜかというと、借り換えられたら収益がゼロになりますが、少し金利を安くしても結局銀行の儲けにつながるからです。

金利引き下げの交渉は、借り換えに比べて手間も費用もかからないので、楽に金利負担が減らせます。

心から満足できる家作りの為に
心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくりは各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報やオリジナル間取りの提案も入手できますので、心から満足できる家つくりに役立ててください。
 

住宅ローンの金利は交渉で下がる時代です

住宅ローンは借り入れ元本が多いので、少しの金利引き下げでも完済まで、考えると車1台分のお金が浮いたなんてこともありますので、積極的に挑戦してください。

※全く交渉に応じてくれない金融機関があるので、その場合は、具体的に他の銀行等金融機関で、住宅ローンの借り換えを検討しましょう。




これは、私の勤務先が取引をしている銀行の支店長の話ですが、最近では、銀行も非常にフレキシブルに住宅ローンの金利変更の相談に応じてくれるそうです。

昔は一度借入れた住宅ローンの金利を下げてもらうのは難しかったようですが、他行に取られるぐらいなら、金利を引き下げた方が得だという考えが浸透しているようです。

私の場合は、全期間固定金利のフラット35でしたので、そもそも金利交渉の余地がありませんでした。

他行等への借り換えしかないかと思っていたのですが、優良住宅ローンから、同じ会社内での借り換えの提案がありました。

他行へ借り換えるような手続きで、新しい金利の安いフラット35に借り換えると言う事です。

メリットしかなかったので早速手続きして、住宅ローンの借入期間が2年間短くなりました。

このように同じ銀行内で借り換える方法もありますので、興味がある方は取引銀行の営業担当者に相談してみましょう。