家を安い価格や坪単価で購入する方法

ローコスト住宅 不満を管理力や交渉力で満足に変える

ローコスト住宅

私はローコスト住宅メーカーであるレオハウスでマイホームを購入しましたが、私が何もしなくて満足できる家が出来たのかと言うと恐らく出来なかったはずです。

いろいろな努力をしたからローコスト住宅で満足できる家が出来たと自負しています。

その努力の仕方についてはこのカテゴリーで十分説明しましたが、このページでは、このカテゴリー(交渉力が決め手、ローコスト住宅で満足できる家を)の総仕上げとして、ローコスト住宅の不満や問題を交渉力や管理力で満足に変える方法を紹介します。

では、ローコスト住宅に対して不満や問題や苦情などがあるかどうかの話から説明しますが、まず、無頓着な人以外、必ず不満や問題や苦情が出てきます。

交渉力が決め手 ローコスト住宅で満足できる家を

これは、ローコスト住宅メーカーに限らず、高級住宅メーカーや工務店で購入しても同じことが言えます。

ただ、高級住宅メーカーはお客様に満足してもらえるようなノウハウがたくさん蓄積されていますので、標準装備でも満足度が高いものになっていますし、お客様一人あたりに対応できる時間もローコスト住宅メーカーより多いのですし、元々能力が高い人材を採用して、更にレベルの高い教育を施していますので、満足できる提案やアドバイスをたくさんしてくれます。

よって、高級住宅メーカーの場合は、放っておいてもそれなりに満足できる家が完成します。

ローコスト住宅メーカー

では、逆にローコスト住宅メーカーはと言うと、高級住宅メーカーと比べて安いコストを実現するために、工程を省いたり、手間を省いたり、担当者も多くのお客様を抱え、一人あたりに関われる時間が少なく、お客様が満足できるような提案をするような営業スタイルでもなく、当然会社からそういう教育をあまり受けていないので、そもそも、自分からお客様が満足できる提案をしてくれる事はないことがほとんどです。

 

 

そして、ローコスト住宅でマイホームを購入するような方の多くは追加費用をかけてまで満足できる家を作りたいと思っていない方の方が多いので、そもそも、オプション工事のカタログもないようなメーカーがあります。

私がマイホームを購入したレオハウスも当時はありませんでした。

よって、お客様の要望を十分に聞き取り、反応を見た上で、それをマイホームに反映するシステムがない、そして、ローコスト住宅に対する不満や問題や苦情を察知ためのお客様に関わる時間が少なかったり、余裕のないローコスト住宅で満足する家を作るためには、お客様である自分が努力しなければなりません。

その努力に一番必要なのが交渉力になります。

ローコスト住宅で満足する家を作るためにお客様自身が努力を

なぜ、交渉力が必要になるのかと言うと、冒頭でローコスト住宅だけでなく高級住宅メーカーでマイホームを建てても不満や問題や苦情が全然ないと言うことはほとんどありません。

そして、その不満や問題や苦情については、そのまま放置していたら、満足に心がわりする事はまずないでしょう。

となると、心から満足することは出来ません。

よって、心から満足する家を作るために、不満や苦情や問題点を住宅メーカーと交渉して修繕、改善してもらい満足できるものに変えてもらわなければならないのです。

そのためには、ローコスト住宅メーカーの担当者などを自分の思い通りに動かせる交渉力や部下を管理するような管理力が必要になってきます。

庭で子供と遊べる広さの土地や宅地

よって、企業や会社の管理職をしていて、部下などをしっかり統率して、管理できている管理職の方などはローコスト住宅メーカーでも満足できる家を建てることが出来ます。

私も部下を100人持つ部長職をしていて、それなりに管理力がある方なので、ローコスト住宅メーカーで家を建てるにあたって出てきた数々の問題点や不満や苦情を交渉力や管理力を使ってすべて解決して、全ての不満や苦情や問題点を解消してました。

そのお陰で、心から満足できるマイホームをローコスト住宅メーカーで作ることが出来ました。



※心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくり は各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報やオリジナル間取りの提案も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。

ローコスト住宅の不満や問題や苦情をどのように解決

では、ここからは、私がローコスト住宅でマイホームを建てるにあたってどのような不満や問題や苦情があり、どのように解決したのか説明します。

まず、一つ目がお願いしたり依頼したことを忘れられることです。

このローコスト住宅の不満を管理力や交渉力で満足に変えるのページでも説明しましたが、ローコスト住宅メーカーは一人当たりのお客様の数が多いので、高級住宅メーカーに比べて業務量が多いです。

よって、忙しさから頼まれたことを忘れてしまうことが多いのです。

この点には私は初めから気が付いていましたし、その都度嫌味を言ったり怒ったりしてしまうと、そのあと関係が悪くなって、いろいろなことを頼みづらくなります。

それに相手も私のことが嫌いになったら、手抜きをされたり、関わらないようにされて、結局自分の家のクオリティーが下がる恐れがあるので、非常に大人対応で、出来ていないなと思ったら早めに聞いたり、問題があればすぐに訴えていましたので、特に大きな問題になることはなく、すぐに解決することが出来ました。

二つ目は、レオハウス提携の司法書士が、私の家を長期優良住宅として市役所に登録できていなかったことと登録免許税の減免の手続きが出来ていなかったことです。

この件については、司法書士から説明を受けているときに気が付いたので問い詰めたのですが、初めはレオハウスから聞いていなかったから自分は悪くないと何とか言い逃れようと言い訳三昧でした。

ローコスト住宅の管理力や交渉力で満足に変える

これについては、レオハウスの担当者も長期優良住宅ですよと伝えていなかったので、悪い点があると思いましたが、しかし、司法書士は登記などの手続きのプロです。

普通の住宅なのか、長期優良住宅なのか確認が必要だと考えました。

よって、その確認責任を怠っているので、この司法書士にも責任があると思ったので、お宅が誠意を見せないのなら、レオハウスに報告してレオハウスに責任を取ってもらうと伝えました。

すると、自分に非があるので、そのような報告をレオハウスにされると自分の仕事がなくなるかもしれないと考えたのでしょう。

レオハウスのLDK

すぐに、その場で減免されなかった費用を現金で返金してくれて、長期優良住宅の手続きもやり直してくれました。

これも私の交渉力や管理力で解決できたから不満や苦情や問題が一切なくなりました。

このように問題や不満や苦情が発生しても、自分で解決する力があれば、その負の力を変換して満足に変えることが出来ます。

私の友達もレオハウスで家を建てましたが、外構工事の駐車場部分のコンクリートが水に濡れるとあり得ない劣化をしたそうです。

その友達の弟は建築関係の自営業をしていたので、その弟にも確認してもらい同じようにあり得ないと判断したようです。

そのことをレオハウスに伝え、レオハウス側も理由は分からないけど、この劣化はあり得ないと判断したようです。

そして、最終的にこのコンクリートが濡れなかったら問題ないだろうという判断で、100万円以上するカーポートを設置してくれたようです。

そのような工事をしてくれたので、友達もレオハウスの対応には大満足だと言っていました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA