家を安い価格や坪単価で購入する方法

カナディアンソーラー余剰電力買取制度と価格と期間

私のマイホームでは、レオハウスのカナディアンソーラーを利用しています。

太陽光発電システムで発電して、家庭で利用した後に残った電力を電力会社が買い取る余剰電力買取制度が、平成21年11月1日より開始されたので、その制度を利用しました。

逆にその制度がなければ、太陽光発電システムを導入するメリットがないので、設置していなかったと思います。

(設置しても費用を回収できないのであれば損ですから。)

当初の買い取り価格は、1kw当たり48円で、太陽光発電システム設置から10年間、電力会社が余剰電力を買い取ってくれますので、かなり美味しかったと思います。

私は平成23年度に、レオハウスのカナディアンソーラーの太陽光発電システムをレオハウスのマイホームに設置しました。

1kw当たり42円で、10年間買い取ってくれます。

再生エネルギー特別措置法案が成立して、再生エネルギーの買取制度が義務付けられましたので、これから先も家庭の余剰電力を買い取ってくれることが予想されます。

当初は1kw当たり48円で売電出来ていた

しかしながら、太陽光発電システムの普及とともに、売買価格の一般消費者への転化の影響で、電気料金の値上がりと言う弊害が起こることが予想されます。

そして、太陽光パネルの価格の下落という理由付け等により、余剰電力買い取り制度による買取価格が下がってくることは避けられない事です。

よって、太陽光発電システムの買取価格が高い今がソーラーシステムの買い時かも知れません。

実際に、あるヨーロッパの太陽光発電システムの先進国では、売電による買取費用の一般消費者への転化により電気料金の大幅値上げが実施され、最終的には新規の売買契約(買取契約)を中止したようです。

日本も同じ道を歩む可能性は十分に考えられますので、太陽光発電システムに興味がある方は、早めに対応することが必要になってきます。

ちなみに、カナディアンソーラー売電収支実績2012年から2017年のページで、6年間のカナディアンソーラー太陽光発電システムによる採算収支を紹介していますが、はじめの1年目は光熱費0円を達成しました。

要するにカナディアンソーラーの太陽光発電システムのおかげて、トータルの電気代は0円になって、逆に収益が発生したということです。

心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくりは各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報やオリジナル間取りの提案も入手できます。ぜひ、心から満足できる家つくりに役立ててください。
心から満足できる家作りの為に
心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくりは各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報やオリジナル間取りの提案も入手できますので、心から満足できる家つくりに役立ててください。

太陽発電システムの買取価格は低下傾向

よって、カナディアンソーラーの太陽光発電システムを設置するメリットは、かなり大きいです。

このページを作って5年が経過しましたが、やはり、私の予想通り、10kw未満の買取価格は28円から30円と値下がりしました。

この傾向は続くと思われますので、メリットがあると判断する方はやはり早めに設置したほうがお得です。

他のページでは、私が利用した補助金やカナディアンソーラーの価格や2012年から2017年までの売電収支実績や2018年から2019年までの売電収支実績を紹介しています。

そちらも参考にしてください。