家を安い価格や坪単価で購入する方法

住宅ローン専門金融機関の利用方法やメリット

都市銀行や地方銀行や信用金庫や農協で住宅ローンやマイホームローンやフラット35を申し込む以外に、住宅メーカーと提携している住宅ローン専門金融機関を利用する方法があります。

(自分がマイホームを購入した住宅ローン専門金融機関としか取引が出来ないということではありません。

普通に、銀行等を利用するような感覚で提携していない、専門金融機関を利用することが出来ます。)





住宅メーカーと提携しているだけあって、住宅メーカーの社員が手続きを代行してくれたり、本来、土地や不動産と住宅本体価格の合計額までしか融資や借入れができないフラット35を利用する時も住宅や建物価格の中にカーテンや照明、電化製品の価格も組み込んで借入れや融資が出来るように融通してくれます。

住宅ローン専門金融機関も検討してみましょう

(これは、住宅メーカーが配慮してということです。

建物価格に組み込むことが出来るものであれば、住宅として借入総額に含んでくれます。

この方法は、私がレオハウスでマイホームを購入した時に営業の方から教えてもらいました。

私の場合は、自己資金も500万円ぐらいあったので、マイホームと土地のお金をフラット35で借入れました。

私がレオハウスの優良住宅ローンでフラット35を利用したエピソードはリンク先のページで紹介しています。)

しかも金利は、店舗を構えて営業している銀行や金融機関より低く抑えられている事が多いです。

他の銀行と比較して、金利の安い有利な住宅ローンやフラット35を申し込むという観点から、是非住宅メーカーが提携している住宅ローンやフラット35も検討してみてください。

その他、勤務先が大手企業であれば、福利厚生の一つとして、社員に向けた金利が低いもしくは、金利の一部負担をしてくれる融資制度や、市役所等地方自治体で低利もしくは金利の一部負担をしてくれる有利な住宅ローン融資制度があります。

ノンバンク系のSBIモーゲージやイオン住宅ローンサービスやファミリーライフサービスや楽天銀行等ネット系住宅ローン専業業者等も低利でお得だと思います。

この様に、民間銀行等金融機関の住宅ローンやマイホームローンやフラット35以外にも、たくさん低利で有利な住宅ローンの選択肢がありますので、どこのどの種類の住宅ローンを利用したほうがメリットがあるかよく検討してください。

心から満足できる家作りの為に
心から満足できる家を安い価格で建てるために出来る限り多くの住宅メーカーや工務店からの情報収集が必要です。集めた情報を比較して、間取りや設備等の各社の良い所を取り入れて家つくりをすると本当に満足できる家が出来ます。逆にしっかり情報を集めないと完成したあとで、こうしておけば便利だったと後悔することになります。タウンライフの家つくりは各住宅メーカーから無料で資料を一括請求できるサービスです。一括請求なので手続きも面倒くさくありません。値引き交渉にも使える坪単価や価格等の情報やオリジナル間取りの提案も入手できますので、心から満足できる家つくりに役立ててください。
 

金利が低く低利なメリットがある

別のページでも紹介していますが、私はレオハウスで家を購入しましたので、レオハウスと提携している優良住宅ローンのフラット35を利用しました。

金利は私が給料振込み等で利用しているメインバンクよりかなり低金利





(すべての銀行や住宅ローン専業業者と比較すると安いほうではありますが、一番低金利ではありませんでした。

ただ、手続きの手間を考えたら、レオハウスが手続きを代行してくれるので、メリットが大きいと判断しました。

現在では、この優良住宅ローンも企業努力によって、日本国内のフラット35の最低金利を実現しました。)

でしたし、レオハウスの社員が手続きを代行してくれましたので、かなり簡単に手続きを進めることができました。